高血圧予防 参加者は優等生

 8月19日、菊間コミュニティ・保健福祉センター主催事業『男の料理』が開催された。高血圧予防の食事作りを教えたのは市原市食生活改善協議会市津支部の西折キヨミさんら4名。男性11名が参加した。
 高血圧予防の食事の塩分は1日6g未満が理想。まず、下無敷(しもむしき)和代さんがおいしく楽しく減塩する方法を説明した。「野菜たっぷりで塩分排出」、「レモンや酢の酸味や、香辛料で味の変化を」、「だしやトマト、玉ねぎ、ニンニクで旨味を効かせる」、「計量スプーンできちんと量る」などの内容に「妻にも聞かせたい」とつぶやく参加者もいた。
 作ったのは3品(分量は4人分)。キャベツ、ピーマンなどの野菜と豚モモ肉を使った『生揚げのすりごま味噌炒め』は「薄切り肉は広げて焼くと量が多く見える」などコツを教わり、しょうが、赤唐辛子とともにフライパンからあふれるほどの材料を炒める。最後に砂糖小さじ2、酒大さじ2、味噌大さじ2弱を入れ、盛り付け後、すりごま20gをかける。
 『枝豆とヒジキのサラダ』はカッテージチーズをのせ、しょう油、みりん、レモン汁、ごま油各大さじ1と七味唐辛子少々のドレッシングをかける。薄味でも香りが食欲をそそる『みょうがの卵とじスープ』は水700ccに対しスープの素1個半と塩少々。塩分は全部で1人分2.4gとなる。
 最後に持参した味噌汁を塩分測定器でチェックすると、「食事と散歩で薬がやめられた」、「妻が薄味にしてくれる」と話す参加者もいて、ほとんどが基準値の塩分濃度0.6%以内だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る