花ボランティアで仲間づくり、まちづくり

 毎年5月に開かれる『いちはらオープンガーデン』で、市原市と協働し、新たな庭の公開者を発掘しつつ、花の観賞者や愛好家を増やしている『いちはら花クラブ』。講習会やバス研修などで会員のスキルアップを図る一方で、ボランティア活動をしている。
 会長は光福禅寺の住職狩野興道さん、顧問として上総更級公園の『みどりの相談所』相談員の白瀧嘉子さんと本田恵子さんがバックアップ。2014年の設立以来、花好きの会員は68名になった。
 月1回、参加するのは1年を通じてバラの手入れが学べる上総更級公園のバラ園ボランティア。白瀧さんのアドバイスを受け、一般のボランティアとともに、53株のバラがあるYOUホール南側のリフレッシュガーデンの手入れをする。さらに同公園が開く緑の教室の共催、小湊鉄道沿線に花の種をまく『花プロジェクト』参加も行う。
 役員の前田さんと名久井(なくい)さんは「会員同士で花苗の交換、庭づくりも手伝いあう。ガーデニングの悩みを相談すると次々にアイデアが出てくる」と楽しそうに話す。佐久間さんは「好きなことをみんなで楽しみながら、花のあふれる市原市になるといいな」とまちづくりの夢を語り、会員たちと様々な企画を考えているそうだ。会員募集中。年会費1300円。

問合せ 事務局 佐久間さん
TEL 090・1701・9922

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る