「チバニアン」への期待
山里 吾郎

 『絶好の機会。ぜひ受講したい…』。「広報いちはら」に掲載された公民館行事が目に留まった。「田淵の逆転地層を学ぶ」。一度現地を、それにちょっとは詳しい知識を、と思っていた。申し込みが少し遅れたせいでキャンセル待ちとなったが、当日(10月14日)2日前に無事、参加OKの知らせが届いた▼集合場所の田淵会館、中高年の受講生を中心に約40人。聞けば3倍の申し込みだったという。最初に地質学者で県環境研究センター・風岡修氏が解説。磁場逆転の成り立ち、田淵の地層の学術的な価値などを勉強。このあと早速、現地見学へ向かった▼会館脇の細い坂道を7、800㍍も下っただろうか。最後の難所を降りると、ゆったりとした養老川の流れが待っていた。ここから上流へ20㍍余り。左側にそそり立つ「むき出しの崖(露頭)」が、地質学上の謎解明につながる田淵の磁場逆転地層▼約46億年の地球史では何度も南北の磁気が逆転。その最後の逆転期となる77万年前の地層で、裏付けとなる火山灰の存在など世界でも唯一、詳細な観察ができる地という▼露頭には下部から順に「逆転期の赤」「中間期の黄」「現代期の緑」と3色の杭。新生代・更新世にあたるこの年代の国際標準となる「模式地」は未定で、いわば地質学上の宿題。もし田淵の地層が選定されれば、「チバニアン」の名称とともに国際地質科学連合が「黄金の杭」を打ち込む▼後書き風にはなるが、地質学は地味だし何とも難しい。にわか仕込みではなかなか理解できない。だが、「チバニアン」誕生となったら、それこそ逆転的発想で「地域起こし」につなげられれば…と思う。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  2. 「茂原七夕まつり」に合わせ、「第4回茂原七夕まつりスリッパ飛ばし選手権」が開催されます。  子どもの頃、「明日天気になーれ」と叫びながら…
  3.  女優オードリー・ヘプバーンについての後半。主な出演作と受賞歴などを時系列でお届けします。  「ローマの休日」1953年(昭和28年)、監…
  4. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  5. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  6. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  7.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  8.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る