マツナ絶滅の憂慮

 空気の冷たさを感じ、周囲が秋の色に染まりはじめる時期、養老川河口の岸辺では、たくさんの星型の実をつけるマツナを見ることができます。
 マツナは、関東以西、四国、九州に分布し、海岸や河川の河口域などの塩分が多く含まれる砂地などに生育する1年草。葉が松の葉にとても似ていることからその名がつけられたそうです。草丈は約40~100センチ、茎からは多くの枝を出し、8~10月頃に淡黄色の小さな花をつけます。若芽時のマツナの葉は、線形で透明感あふれる緑色をしており、どことなく上品で優美な感じがしますが、秋には茎が木質化して堅くなり、荒々しい感じになります。
 マツナの種は、風や水に流されて散布されることから、発芽する場所(生育環境)は、種親の周辺や大潮時の満潮線付近となっています。このような場所は、流木や漂着ゴミが堆積していることが多く、種の上にゴミ等があると発芽しにくいこと、また、大雨による川の増水により定着した種が流されやすいことなどから不安定な生育環境となっています。マツナは、千葉県レッドデータブックでは重要保護生物Bに指定されています。千葉県内におけるマツナの生育地は、東京湾内湾の数箇所に限られ、そのうちの1箇所が養老川の河口域にあります。
 8年前に養老川河口域の生育数を確認した時は、数百本あり、広範囲に生育していました。しかし、とても残念なことに、今や生育箇所は局所的で数本程度となっています。その原因は、自然的要因、人為的要因の両方と思われます。市原市の生育種の絶滅が憂慮される状況です。

(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る