マツナ絶滅の憂慮

 空気の冷たさを感じ、周囲が秋の色に染まりはじめる時期、養老川河口の岸辺では、たくさんの星型の実をつけるマツナを見ることができます。
 マツナは、関東以西、四国、九州に分布し、海岸や河川の河口域などの塩分が多く含まれる砂地などに生育する1年草。葉が松の葉にとても似ていることからその名がつけられたそうです。草丈は約40~100センチ、茎からは多くの枝を出し、8~10月頃に淡黄色の小さな花をつけます。若芽時のマツナの葉は、線形で透明感あふれる緑色をしており、どことなく上品で優美な感じがしますが、秋には茎が木質化して堅くなり、荒々しい感じになります。
 マツナの種は、風や水に流されて散布されることから、発芽する場所(生育環境)は、種親の周辺や大潮時の満潮線付近となっています。このような場所は、流木や漂着ゴミが堆積していることが多く、種の上にゴミ等があると発芽しにくいこと、また、大雨による川の増水により定着した種が流されやすいことなどから不安定な生育環境となっています。マツナは、千葉県レッドデータブックでは重要保護生物Bに指定されています。千葉県内におけるマツナの生育地は、東京湾内湾の数箇所に限られ、そのうちの1箇所が養老川の河口域にあります。
 8年前に養老川河口域の生育数を確認した時は、数百本あり、広範囲に生育していました。しかし、とても残念なことに、今や生育箇所は局所的で数本程度となっています。その原因は、自然的要因、人為的要因の両方と思われます。市原市の生育種の絶滅が憂慮される状況です。

(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る