最初の防災は「自分で自分を守る」こと

 災害に備え、食料や防災品をストックする人も多いだろう。辰巳公民館では8月下旬、主催事業で地域防災講座を開催。身近な防災の知恵を教えてくれる市内のNPO法人『ゆかいな仲間たち』の理事長・白尾克伸さんとスタッフを講師に、参加者約40名が、防災の心構えやグッズ作りを学んだ。
 「人口減少が進むなか、定年後の世代はプラチナ世代で、とても重要。ボランティアやサークル活動など、地域で顔の見える関係を作っておくと、災害時に活きてきます」と白尾さん。近年では特に豪雨と地震が多い。豪雨では、まず気象警報などをチェックし備える。傾斜のある道路は冠水し通行止めも増えるので、雨が上がっても外出時は充分注意が必要だ。緊急地震速報は、揺れる前に鳴るため、机の下に入る、落ちるものに備える、ガラスから離れるなど、即、退避行動をとることが大切。「大地震のときは『3・3・3・7』。まずは自助3分間。揺れる間、家族は自分で守る。次に近助3時間。向こう3軒両隣で助かるべき命を助ける。さらに共助3日間。地域力を結集し、ともに生きのびる。最後に公助7日間。行政・自衛隊の救助が開始、備蓄でさらに生きのびる。災害用の道具は、この時間軸で並べると使う順番が分かります」
 後半は、防災グッズ作りを体験。レジ袋で水袋、おむつカバー、怪我のときの腕つり。新聞紙ではスリッパや器、帽子を作った。加工の仕方で様々に役立つため、普段からバッグなどに折り畳んだ新聞紙とレジ袋を入れておくのがいいという。参加者は「帽子もビニール袋をかぶせれば簡易トイレになりますね。いろいろできて面白かった」「災害への備え方がよく分かりました。帰ったらまず自宅の防災品の点検です」と話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る