最初の防災は「自分で自分を守る」こと

 災害に備え、食料や防災品をストックする人も多いだろう。辰巳公民館では8月下旬、主催事業で地域防災講座を開催。身近な防災の知恵を教えてくれる市内のNPO法人『ゆかいな仲間たち』の理事長・白尾克伸さんとスタッフを講師に、参加者約40名が、防災の心構えやグッズ作りを学んだ。
 「人口減少が進むなか、定年後の世代はプラチナ世代で、とても重要。ボランティアやサークル活動など、地域で顔の見える関係を作っておくと、災害時に活きてきます」と白尾さん。近年では特に豪雨と地震が多い。豪雨では、まず気象警報などをチェックし備える。傾斜のある道路は冠水し通行止めも増えるので、雨が上がっても外出時は充分注意が必要だ。緊急地震速報は、揺れる前に鳴るため、机の下に入る、落ちるものに備える、ガラスから離れるなど、即、退避行動をとることが大切。「大地震のときは『3・3・3・7』。まずは自助3分間。揺れる間、家族は自分で守る。次に近助3時間。向こう3軒両隣で助かるべき命を助ける。さらに共助3日間。地域力を結集し、ともに生きのびる。最後に公助7日間。行政・自衛隊の救助が開始、備蓄でさらに生きのびる。災害用の道具は、この時間軸で並べると使う順番が分かります」
 後半は、防災グッズ作りを体験。レジ袋で水袋、おむつカバー、怪我のときの腕つり。新聞紙ではスリッパや器、帽子を作った。加工の仕方で様々に役立つため、普段からバッグなどに折り畳んだ新聞紙とレジ袋を入れておくのがいいという。参加者は「帽子もビニール袋をかぶせれば簡易トイレになりますね。いろいろできて面白かった」「災害への備え方がよく分かりました。帰ったらまず自宅の防災品の点検です」と話していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る