勝浦の海に広がる生き物たちの特別な世界へ

 昨秋から今年1月29日(日)まで、千葉県立中央博物館分館の海の博物館(勝浦市)で開催された『海のアート展 海の不思議ないきもの』。船橋市在住の造形作家である木暮奈津子(こぐれなつこ)さんが新聞紙を使用して制作した海の生き物たちは、展示室のテーブルや床に並べられていてとてもカラフルだ。「海の生き物は形が自由なところが大好きです。制作を初めて15年が経ちました。作るものを決めると頭でアイディアを考え、スケッチします。タコの足などパーツをまとめて作ることもあります」と木暮さん。船橋市から勝浦市鵜原まで通っては、海岸に作品をならべて写真におさめている。
 少しとぼけた表情の魚や岩場でくつろぐジンベエザメ、ストッキングをはいた色気に満ちたタコレディなど、見ているだけでクスッと笑いが漏れる作品たちは、どれもとても個性的。こんな生き物いたらいいな、という不思議な生き物を前に、千葉市から訪れたという家族連れは「デザイン性があって可愛い」、「基礎があってこそ作れるよね」と感心。子ども達は生き物に触れたくてウズウズ。
 鵜原海岸にクラゲの作品を700個並べて撮影した壮大さに、同館の主任上席研究員である菊地則雄さんも舌を巻き、「来館者の皆様にはとても好評です。勝浦の海に関連している作品が展示できて嬉しいですね」と続けた。各作品に木暮さんのコメントや、同館からの生き物の詳細が書かれたラベルが置かれていて生き物の名前を覚えるきっかけにもできたのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る