勝浦の海に広がる生き物たちの特別な世界へ

 昨秋から今年1月29日(日)まで、千葉県立中央博物館分館の海の博物館(勝浦市)で開催された『海のアート展 海の不思議ないきもの』。船橋市在住の造形作家である木暮奈津子(こぐれなつこ)さんが新聞紙を使用して制作した海の生き物たちは、展示室のテーブルや床に並べられていてとてもカラフルだ。「海の生き物は形が自由なところが大好きです。制作を初めて15年が経ちました。作るものを決めると頭でアイディアを考え、スケッチします。タコの足などパーツをまとめて作ることもあります」と木暮さん。船橋市から勝浦市鵜原まで通っては、海岸に作品をならべて写真におさめている。
 少しとぼけた表情の魚や岩場でくつろぐジンベエザメ、ストッキングをはいた色気に満ちたタコレディなど、見ているだけでクスッと笑いが漏れる作品たちは、どれもとても個性的。こんな生き物いたらいいな、という不思議な生き物を前に、千葉市から訪れたという家族連れは「デザイン性があって可愛い」、「基礎があってこそ作れるよね」と感心。子ども達は生き物に触れたくてウズウズ。
 鵜原海岸にクラゲの作品を700個並べて撮影した壮大さに、同館の主任上席研究員である菊地則雄さんも舌を巻き、「来館者の皆様にはとても好評です。勝浦の海に関連している作品が展示できて嬉しいですね」と続けた。各作品に木暮さんのコメントや、同館からの生き物の詳細が書かれたラベルが置かれていて生き物の名前を覚えるきっかけにもできたのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る