勝浦の海に広がる生き物たちの特別な世界へ

 昨秋から今年1月29日(日)まで、千葉県立中央博物館分館の海の博物館(勝浦市)で開催された『海のアート展 海の不思議ないきもの』。船橋市在住の造形作家である木暮奈津子(こぐれなつこ)さんが新聞紙を使用して制作した海の生き物たちは、展示室のテーブルや床に並べられていてとてもカラフルだ。「海の生き物は形が自由なところが大好きです。制作を初めて15年が経ちました。作るものを決めると頭でアイディアを考え、スケッチします。タコの足などパーツをまとめて作ることもあります」と木暮さん。船橋市から勝浦市鵜原まで通っては、海岸に作品をならべて写真におさめている。
 少しとぼけた表情の魚や岩場でくつろぐジンベエザメ、ストッキングをはいた色気に満ちたタコレディなど、見ているだけでクスッと笑いが漏れる作品たちは、どれもとても個性的。こんな生き物いたらいいな、という不思議な生き物を前に、千葉市から訪れたという家族連れは「デザイン性があって可愛い」、「基礎があってこそ作れるよね」と感心。子ども達は生き物に触れたくてウズウズ。
 鵜原海岸にクラゲの作品を700個並べて撮影した壮大さに、同館の主任上席研究員である菊地則雄さんも舌を巻き、「来館者の皆様にはとても好評です。勝浦の海に関連している作品が展示できて嬉しいですね」と続けた。各作品に木暮さんのコメントや、同館からの生き物の詳細が書かれたラベルが置かれていて生き物の名前を覚えるきっかけにもできたのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る