体協通信 一緒にやってみませんか! 合気道

市原市合気道連盟

市原市合気道連盟には公益財団法人合気会より正式に認可された市原合気会、市原合気道友会の2団体が傘下にあり、市原市内7か所に稽古道場があります。
中でも、市原合気会の中核をなす八幡教室には各教室からも大勢稽古に来ています。児童と高齢者がペアで稽古をする場面も多く、「技・護身術」の習得のみならず世代を超えた触れ合いの中で、普段得られない貴重な体験もしております。また身体が硬くなりがちな昨今、柔軟体操や「受け身」にも十分時間を割き、児童の怪我の防止や心身の健康に気を配っております。
本年度、本教室での特筆すべき事項は、8月に75歳の末道子さんが合気道2段に合格したことです。3年前の「シティライフ」にも初段取得の経緯について紹介させていただきました。その折の掲載文には、冗談交じりに「100歳までに5段を目指す」とありました。これからも着実に人生の階段を生き生きと昇られて行くことでしょう。
合気道には他の武道とは異なり、試合がありません。攻撃側とその攻撃をかわして制する側(防御側)に分かれて、「技・護身術」の形の稽古をします。お互いの年齢・体力に応じた稽古ができ、高齢になっても十分可能な武道です。
攻撃してくる相手の動きに合わせ、思う方向に「投げ」又は「押さえ制する」ことが出来た時には、何とも言えない爽快感・充実感が味わえます。身体全体がリラックスし、タイミングよく相手との一体感が得られた時でなければ、「技」が綺麗に掛かりません。中々思うようにはいきませんが、これこそが修行であり探求に値する合気の「道」と言えましょう。
身体を柔軟に保ち、優しい心を育む合気道を一緒にやってみませんか。市原合気会・市原合気道友会のホームページを検索し、是非一度見学にお越しください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る