これってケーキ?お惣菜?

 フランス語でケーキはケーク、塩味はサレ。たっぷりの具を詰めたお惣菜ケーキを作る、五井公民館主催料理教室『簡単ケーキ ケーク・サレ』が昨秋、開かれた。調理室に集まったのは参加者20人。はじめに講師の管理栄養士大曽根朋子さんが作り方のお手本を見せた。
 作るのは洋風と和風の2種。共通の生地材料はホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳100ml、マヨネーズ大さじ2、塩、コショウ少々、粉チーズ大さじ3、プロセスチーズ3個(さいの目に刻む)。具材は洋風の場合ソーセージ3本と、玉ねぎ、赤ピーマン、コーン、枝豆、塩、コショウ少々。和風は芽ヒジキ、ニンジン、黄ピーマン、ツナ缶、しょうゆ少々。どちらの具材も彩りを考えて、最大300g程度を用意する。小さめに刻んだら炒めて軽く味付け。粗熱を取ったあと生地に加える。型に七分目入れ、180度のオーブンでマフィン型なら15~20分、パウンド型なら40~50分焼いて出来上がり。
 説明後は担当をじゃんけんで決める班もいて楽しそうに調理スタート。切り方や混ぜ具合を確認しあい、オーブンへ。焼きあがったら、大曽根さんが事前に用意したヨーグルト寒天とサラダを添えていただいた。
 参加者が「食べたことない味」、「ワインのおつまみによさそう」と喜ぶと、大曽根さんは「本格的なケーク・サレもあるが、身近な材料で作れるレシピです。夕食で余ったおかずも炒めるなどして水分を切れば具になります。お子さんのおやつにもどうぞ」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る