これってケーキ?お惣菜?

 フランス語でケーキはケーク、塩味はサレ。たっぷりの具を詰めたお惣菜ケーキを作る、五井公民館主催料理教室『簡単ケーキ ケーク・サレ』が昨秋、開かれた。調理室に集まったのは参加者20人。はじめに講師の管理栄養士大曽根朋子さんが作り方のお手本を見せた。
 作るのは洋風と和風の2種。共通の生地材料はホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳100ml、マヨネーズ大さじ2、塩、コショウ少々、粉チーズ大さじ3、プロセスチーズ3個(さいの目に刻む)。具材は洋風の場合ソーセージ3本と、玉ねぎ、赤ピーマン、コーン、枝豆、塩、コショウ少々。和風は芽ヒジキ、ニンジン、黄ピーマン、ツナ缶、しょうゆ少々。どちらの具材も彩りを考えて、最大300g程度を用意する。小さめに刻んだら炒めて軽く味付け。粗熱を取ったあと生地に加える。型に七分目入れ、180度のオーブンでマフィン型なら15~20分、パウンド型なら40~50分焼いて出来上がり。
 説明後は担当をじゃんけんで決める班もいて楽しそうに調理スタート。切り方や混ぜ具合を確認しあい、オーブンへ。焼きあがったら、大曽根さんが事前に用意したヨーグルト寒天とサラダを添えていただいた。
 参加者が「食べたことない味」、「ワインのおつまみによさそう」と喜ぶと、大曽根さんは「本格的なケーク・サレもあるが、身近な材料で作れるレシピです。夕食で余ったおかずも炒めるなどして水分を切れば具になります。お子さんのおやつにもどうぞ」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る