鍛えて心身元気に!

今年も1年健康第一

 毎週土曜日、菊間コミュニティセンターで行われているサークル『マッスルアップ』。平均年齢73歳の20名(男6・女14)が午後1時から3時まで筋肉のトレーニングに励んでいる。代表の古山健夫さんは、「初めは菊間コミュニティセンターの主催事業で、講師の梅津行二さんの指導要領と人柄に私が惚れこみ、サークルとして継続で立ち上げることになりました。それから5年、メンバーの入れ替わりはありますが、みなさん楽しく頑張られています」と話す。
 ラジオ体操やストレッチ、下半身を床につけた状態での腕立て伏せ、関節や腕の位置を紐で固定した独自の『ひも体操』など各間に休憩を挟みながらもしっかりと運動。梅津さんの掛け声を受けながら、腕を上下したり、椅子に手を置き片足ずつ腿上げを繰り返す。自衛隊員の経歴をもつ古山さんは、80歳を超えているとは思えないほど素早く走る。
 そんなサークルの目的は健康長寿!参加者の中には、自転車で転んで顔に傷ができてしまっても、手足の関節は一切無事だったという人もいる。「普段なまりがちな体を動かせますので、家でも少しやっているんです」、「一度体調不良になり入院で休んでいましたが、1カ月前に復帰しました。頭から足先まで使うので背筋がシャキッとしますね。先生もメンバーのみなさんも優しいです」とメンバーの声。サークルは団体なので意見の言い合える関係作りを大切にしているという。現在数名の欠員があるので、参加者募集中。詳細は問合せを。

問合せ 古山さん
TEL 0436・43・0345

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る