半世紀の記憶 山里吾郎

 高校卒業50年だという。昨年12月、そんな通知が同窓会の事務局から届いた。思わず指折り数えた。『安房高を出たのが昭和41(1966)年。確かに昨年3月で50年か…』。歳月の重みを実感した▼総会を兼ねた全体同窓会が1月15日(日)、館山市の夕日海岸ホテルで開かれた。卒業50年の高校18回“が当番。今も親交のある仲間からの連絡、誘いもあり万難を排して出席した▼総会、全体懇親会、18回生懇親会の3本立て。どうせなら総会から…と決め昼過ぎに市原市の自宅を出発。前日からの寒波のせいだろう。鋸山のトンネルを抜けるとうっすらとした雪が温暖な南房の地を蔽っていた▼束の間の雪化粧を楽しみながら目的地のホテルへ。早めに受付を済ませロビーで待っていると、懐かしい記憶を呼び覚ますように次々と見たような顔が。でもほとんどがおぼろげで見たことがあるような無いような…▼半世紀の歳月に加え、団塊世代の一期生。1クラス55人以上が9クラス、ざっと500人の卒業生だ。理系、文系、就職組に分けられていたこともあり、ほとんど接点の無かった同級生も多い▼それでも総会が終わり、全体懇親会が始まるころには酒の力も加わり、記憶のすり合わせが徐々に進む。メーンの18回生懇親会。出席者は約70人だったが酒を注ぎ注がれ、思い出を、近況を語り合ううちに50年の時間(とき)は一挙に縮まった▼午後8時の閉会。名残惜しそうに次々と友が帰る中で、そのまま繁華街・渚銀座に流れ込んだグループも多かった。ホテルに泊まった翌日、寒風の鏡ケ浦(館山湾)には、雪を被った富士の雄姿が大きく広がっていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る