山倉の仙蔵寺に地蔵堂が完成

 1月29日(日)、市原市山倉にある若宮山仙蔵寺では石段の修復と地蔵堂の完成に合わせて『落慶開眼供養(らっけいかいがんくよう)』が行われた。寺院で新築や完成を祝うこの法要に集った檀家は約50名。地蔵堂で執り行われた『大般若会(だいはんにゃえ)』では、近隣の寺からの僧侶10名に檀家たちも一緒になり600巻の大般若経を転読した。
 転読とは、お経本を高く掲げてパラパラと転じることによって功徳を得る方法のこと。その際、お経本からの風を浴びることによって身体や家内の安全も祈願できるとか。仙蔵寺の御本尊を守る川俣宥全(かわまたゆうぜん)住職は、「色んな人の手を借りて、地蔵堂は着工から7年かけて無事に完成できました。こんなに盛大な大般若会は初めてです。この地蔵堂では御霊をお預かりすることはもちろん、写経会などの布教の道場として活用していただけたらと思います」と語った。
 檀家代表の男性も、「工事中は気をもむこともありました。でも、こんな経験ができたことは、みんなで喜ぶべきこと。仙蔵寺の成就をこれからも祈り続けましょう」と呼びかけた。初めて手にするお経本を、檀家たちは何度も繰り返し転読していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る