山倉の仙蔵寺に地蔵堂が完成

 1月29日(日)、市原市山倉にある若宮山仙蔵寺では石段の修復と地蔵堂の完成に合わせて『落慶開眼供養(らっけいかいがんくよう)』が行われた。寺院で新築や完成を祝うこの法要に集った檀家は約50名。地蔵堂で執り行われた『大般若会(だいはんにゃえ)』では、近隣の寺からの僧侶10名に檀家たちも一緒になり600巻の大般若経を転読した。
 転読とは、お経本を高く掲げてパラパラと転じることによって功徳を得る方法のこと。その際、お経本からの風を浴びることによって身体や家内の安全も祈願できるとか。仙蔵寺の御本尊を守る川俣宥全(かわまたゆうぜん)住職は、「色んな人の手を借りて、地蔵堂は着工から7年かけて無事に完成できました。こんなに盛大な大般若会は初めてです。この地蔵堂では御霊をお預かりすることはもちろん、写経会などの布教の道場として活用していただけたらと思います」と語った。
 檀家代表の男性も、「工事中は気をもむこともありました。でも、こんな経験ができたことは、みんなで喜ぶべきこと。仙蔵寺の成就をこれからも祈り続けましょう」と呼びかけた。初めて手にするお経本を、檀家たちは何度も繰り返し転読していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る