VONDS市原にレナチーニョ選手が新加入!

 日本初の市民クラブとして活動するVONDS(ボンズ)市原は、設立して7年目。千葉県サッカーリーグからスタートし、関東サッカーリーグ2部・1部と昇格して、昨年は関東サッカーリーグ1部で準優勝、天皇杯にも出場。次はJFL昇格を目指し、全国地域サッカーチャンピオンズリーグへの進出を狙っている。
 今年はゼムノビッチ監督となって2年目のシーズン。さらなる攻撃的サッカーと得点力アップのため、新加入選手として、川崎フロンターレでも活躍したレナチーニョ選手((29)・ブラジル出身)と契約した。レナチーニョ選手は南米やヨーロッパほか世界各国でキャリアを積み上げ、昨年はポルトガルでプレー。数多くのクラブのオファーからVONDS市原を選択した。
 2月24日(金)に行われた入団記者会見では、永野祐太郎代表取締役、下原正規代表理事、木村哲昌ゼネラルマネージャー、ゼムノビッチ監督が、クラブとトップチームの現状や展望を報告。「レナチーニョ選手には、VONDS市原の施設の素晴らしさ、市民の応援、想いやこれからのビジョンの共感を評価していただいた」「若い選手の多いチームなので、素晴らしい経験を伝えられる選手だと思っている」「もっと攻撃的なサッカーで得点力を強化することができると考えている」と語った。
 レナチーニョ選手は、「日本に戻ってこれたことを大変嬉しく思っています。市原市は友人や今までお世話になった方も住んでいるので、すでに愛着がある街です。よりクラブとして高みを目指せるように、JFL昇格に向かって全力を尽くしていきたいと思います」と話した。
 VONDS市原は、今年、サッカーのレディーストップチーム、女子ソフトボールクラブも発足させる。スポーツを通した地域発展を目指す総合型スポーツクラブとして、さらなる飛躍に期待したい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る