布小物づくり 想いを届ける

 色も柄も様々な可愛いポーチや布製バッグ、がま口やキーホルダー。6年前から『fifty|fifty』として、主に布小物を制作している芝崎圭子さん(57)は、約13年間、自宅での洋裁教室や洋服のオーダー受注をしていたという。「一時期、洋裁から離れましたが、子どもが独立したらまた縫いたいと思っていたところ、友人からカフェでの展示会を提案され、本格的に布小物制作を始めました」
 ハンドメイド仲間と知り合い、毎春に市内で開催する展示会『はんどめいどSAKU RA SAKU』を立ち上げ、都内のイベントやショップでも販売している。一番人気は、『fifty|fifty』で共に活動しているイラストレーター・cooさん(31)が作った、カエルの『いのかわくん』シリーズだ。cooさんがデザインした様々な『いのかわくん』を、芝崎さんがバッグやポーチ、マスコットなどに縫い上げる。「ブログを見た方から、熱烈なメッセージで注文が来た時は、とても驚きました。もう一生懸命に作って。実物を気に入ってくださるか不安だったんですが、とても喜んでいただけて、凄く嬉しかったですね」
 朝起きてデザインが浮かぶと、そのままミシンの前に座ることも度々。お気に入りの布地は大量にストックし「自室が布で埋まった」ほど。妥協せず、納得できたものを出品することも心がけている。「私たちが想いをこめて作ったものを、自分のためにはもちろん、誰かへの贈り物として、数多くの中から選んでもらえることが幸せだとつくづく思います」。4月1日(土)10~16時半には、夢ホールで5周年の『SAKU RA SAKU』を開催。芝崎さんも含め約30名の作家が参加する。ぜひお気に入りの作品を探してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る