布小物づくり 想いを届ける

 色も柄も様々な可愛いポーチや布製バッグ、がま口やキーホルダー。6年前から『fifty|fifty』として、主に布小物を制作している芝崎圭子さん(57)は、約13年間、自宅での洋裁教室や洋服のオーダー受注をしていたという。「一時期、洋裁から離れましたが、子どもが独立したらまた縫いたいと思っていたところ、友人からカフェでの展示会を提案され、本格的に布小物制作を始めました」
 ハンドメイド仲間と知り合い、毎春に市内で開催する展示会『はんどめいどSAKU RA SAKU』を立ち上げ、都内のイベントやショップでも販売している。一番人気は、『fifty|fifty』で共に活動しているイラストレーター・cooさん(31)が作った、カエルの『いのかわくん』シリーズだ。cooさんがデザインした様々な『いのかわくん』を、芝崎さんがバッグやポーチ、マスコットなどに縫い上げる。「ブログを見た方から、熱烈なメッセージで注文が来た時は、とても驚きました。もう一生懸命に作って。実物を気に入ってくださるか不安だったんですが、とても喜んでいただけて、凄く嬉しかったですね」
 朝起きてデザインが浮かぶと、そのままミシンの前に座ることも度々。お気に入りの布地は大量にストックし「自室が布で埋まった」ほど。妥協せず、納得できたものを出品することも心がけている。「私たちが想いをこめて作ったものを、自分のためにはもちろん、誰かへの贈り物として、数多くの中から選んでもらえることが幸せだとつくづく思います」。4月1日(土)10~16時半には、夢ホールで5周年の『SAKU RA SAKU』を開催。芝崎さんも含め約30名の作家が参加する。ぜひお気に入りの作品を探してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る