布小物づくり 想いを届ける

 色も柄も様々な可愛いポーチや布製バッグ、がま口やキーホルダー。6年前から『fifty|fifty』として、主に布小物を制作している芝崎圭子さん(57)は、約13年間、自宅での洋裁教室や洋服のオーダー受注をしていたという。「一時期、洋裁から離れましたが、子どもが独立したらまた縫いたいと思っていたところ、友人からカフェでの展示会を提案され、本格的に布小物制作を始めました」
 ハンドメイド仲間と知り合い、毎春に市内で開催する展示会『はんどめいどSAKU RA SAKU』を立ち上げ、都内のイベントやショップでも販売している。一番人気は、『fifty|fifty』で共に活動しているイラストレーター・cooさん(31)が作った、カエルの『いのかわくん』シリーズだ。cooさんがデザインした様々な『いのかわくん』を、芝崎さんがバッグやポーチ、マスコットなどに縫い上げる。「ブログを見た方から、熱烈なメッセージで注文が来た時は、とても驚きました。もう一生懸命に作って。実物を気に入ってくださるか不安だったんですが、とても喜んでいただけて、凄く嬉しかったですね」
 朝起きてデザインが浮かぶと、そのままミシンの前に座ることも度々。お気に入りの布地は大量にストックし「自室が布で埋まった」ほど。妥協せず、納得できたものを出品することも心がけている。「私たちが想いをこめて作ったものを、自分のためにはもちろん、誰かへの贈り物として、数多くの中から選んでもらえることが幸せだとつくづく思います」。4月1日(土)10~16時半には、夢ホールで5周年の『SAKU RA SAKU』を開催。芝崎さんも含め約30名の作家が参加する。ぜひお気に入りの作品を探してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る