布小物づくり 想いを届ける

 色も柄も様々な可愛いポーチや布製バッグ、がま口やキーホルダー。6年前から『fifty|fifty』として、主に布小物を制作している芝崎圭子さん(57)は、約13年間、自宅での洋裁教室や洋服のオーダー受注をしていたという。「一時期、洋裁から離れましたが、子どもが独立したらまた縫いたいと思っていたところ、友人からカフェでの展示会を提案され、本格的に布小物制作を始めました」
 ハンドメイド仲間と知り合い、毎春に市内で開催する展示会『はんどめいどSAKU RA SAKU』を立ち上げ、都内のイベントやショップでも販売している。一番人気は、『fifty|fifty』で共に活動しているイラストレーター・cooさん(31)が作った、カエルの『いのかわくん』シリーズだ。cooさんがデザインした様々な『いのかわくん』を、芝崎さんがバッグやポーチ、マスコットなどに縫い上げる。「ブログを見た方から、熱烈なメッセージで注文が来た時は、とても驚きました。もう一生懸命に作って。実物を気に入ってくださるか不安だったんですが、とても喜んでいただけて、凄く嬉しかったですね」
 朝起きてデザインが浮かぶと、そのままミシンの前に座ることも度々。お気に入りの布地は大量にストックし「自室が布で埋まった」ほど。妥協せず、納得できたものを出品することも心がけている。「私たちが想いをこめて作ったものを、自分のためにはもちろん、誰かへの贈り物として、数多くの中から選んでもらえることが幸せだとつくづく思います」。4月1日(土)10~16時半には、夢ホールで5周年の『SAKU RA SAKU』を開催。芝崎さんも含め約30名の作家が参加する。ぜひお気に入りの作品を探してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る