目指せ全国!両国国技館!第19回かずさカップ わんぱく相撲市原場所

両国国技館に力自慢たちがあつまった。昨年の全国大会↑

 6月4日(日)に開催予定の「わんぱく相撲」は市原市内の小学4・5・6年生を対象とした相撲大会。子供たちの心身の鍛錬と健康の増進を図り、試合を通して思いやりの心を育む事業として(一社)市原青年会議所が開催している。体格差がある中での逆転劇や、女子が男子に勝った瞬間など、様々な場面で毎年白熱した取り組みが繰り広げられ、父兄や各学校の先生からも熱い声援が飛び交う。 まずは申込者全員参加の市原場所のトーナメントで、優勝した各学年一人ずつが千葉ブロック大会への出場が決まる。さらに千葉県ナンバーワンを決める千葉ブロック大会においても優秀な成績を収めると、両国国技館で開催される全国大会への切符を手にする。
 詳細と申し込みは青年会議所のホームページより(応募締切5月21日)
http://ichihara-jc621.or.jp/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る