いつも空にいる月を想って

 5月14日(日)まで開催していたいちはらアート×ミックス2017。2013年に閉校した旧里見小学校(IAAES)で会期中毎日開催されたのは『里見100人教頭学校キョンキョン』。食・歌・地歴など様々な分野で活躍する人達が教頭先生になり授業を行うのだ。
 会期初日、教壇に立ったのはロシア出身のレオニート・チシコフ教頭。「両親が教師だったので、私は幼いころから学校に親しんで育ちました。閉校は悲しいことですが、今も残って活用されるのはとても良いこと」と話した。詩人・戯曲家・作家・医師と様々な顔を持つチシコフ教頭。今まで影響をうけた作家のデ・キリコやウィリアム・ブレイク、松尾芭蕉や種田山頭火などが作った月を題材にした作品の解説を交えながら、自身のアートも映像を交えて展開した。
 「月に興味を持ったのは15年ほど前のことです。月は光を放ちます。光は私達の中にあり、また人は光から生まれると思います」と話すチシコフ教頭の作品は、同校2階の一室、そして階段の踊り場に展示されていた。3年前に嵐で倒木した実物の木を使用して制作された作品は圧巻。木の幹の部分にライトを埋め込み、踊り場を照らしているのだ。根は3年を経ても未だに生き続けているような風格を維持し、木が手足を伸ばしているようにさえ見えた。授業後半では、参加した生徒たちが月を題材にした俳句を作ることに。「500年前の日本ではみんなやっていたこと。恐れないで」と促す教頭に、少し照れながらも全員が交互に作品を発表しあっていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る