プロキャディの人生ってこんなに面白い

 旧里見小学校で開催されたいちはらアート×ミックスの『100人教頭』。こんな学校だったら毎日行ったのに!とうたうテーマ通り、大盛況だったのは4月8日の『キャディ教頭』。定員10名の講座に大きく上回る応募があり、教室には約30名が授業を楽しんだ。
 教頭は市原市牛久在住のプロキャディである串田雅実さん(37)。「私がプロキャディになったのは25歳の時。2011年から4年間、プロゴルファーの谷原秀人さんのキャディをやっていました」と自身のキャリア説明から始まる。参加した生徒たちはほぼ全員がゴルフ経験者。串田教頭が「ゴルフがなぜ18ホールか知っていますか?」と問うと、「イギリスは寒く、お酒を飲みながらゴルフをやる。飲み終わるのが18ホールだからです」と参加者の知識も深い。
 そして、1時間半の授業は生徒からの質問で進行した。「ゴルフで一番大事なのはパターだと聞きました。どうしたら上手くなれますか?」、「プロのキャディさんは、どうやって選手と契約するの?」など普段聞けない裏話のような質問に、串田教頭は丁寧に回答していく。また、海外遠征で感じた文化の違いや、選手の試合中のメンタルをどうフォローしているかなど串田教頭なりの想いに、生徒たちはじっと耳を澄ませた。
 最後にプロゴルファーの使用したボールのプレゼントを手にすると、みんなが満足そうににっこり。椅子に座り授業を受ける大人と、廊下を走る子ども達。新しい世界の融合が垣間見えた授業だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る