至福の珈琲で自分磨き

 現代アート鑑賞やスイーツづくりを楽しみ地域の方と交流する女性限定の講座、国分寺公民館主催『国分寺小町|素敵に自分磨き|地域に向けてわくわくを発信しよう』(全8回)が今春からスタート。取材時のテーマは『おいしい珈琲を淹れよう!』。
 同館職員が参加者20人の緊張をほぐすレクリエーションを行ったあと、国分寺台で生豆をオーダー焙煎する専門店『香煎』の店主西本多津子さんが「豆は適度に焙煎された鮮度の良いものを選んでほしい」などコーヒーについて説明した。
 実習では、ペーパードリップを使った経験のある参加者と初心者、西本さんが同じ条件で淹れたコーヒーを飲み比べた。豆は焙煎したてのブラジル、90度前後の軟水のお湯を使用する。3人が細口のポットで慎重にお湯を注ぎコーヒーを抽出すると、参加者は試飲して「スッキリした味」、「わあ、美味しい」などと声を上げる。なかでも、西本さんが淹れたものは「苦味がさわやか」と高い評価。その秘訣は「粉がまんべんなく湿るようにお湯を注ぎ、膨らんだ表面が少しへこむくらいまで蒸らし2投目を注ぐ」、「お湯をしぼりきらない」など。基本を押さえれば雑味のないコーヒーが出るそうだ。
 次は酸味が強いキリマンジャロの深煎りと中煎りの飲み比べ。「酸味や苦味は焙煎度合いで決まるのがわかります」とのこと。深煎りはほとんど酸味がない。「豆の保存は袋のまま密閉袋に入れ、一週間程度なら冷蔵庫、それ以上なら冷凍庫へ」。最後は参加者たちが自らコーヒーを淹れ、「癒される」と至福の時を楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る