至福の珈琲で自分磨き

 現代アート鑑賞やスイーツづくりを楽しみ地域の方と交流する女性限定の講座、国分寺公民館主催『国分寺小町|素敵に自分磨き|地域に向けてわくわくを発信しよう』(全8回)が今春からスタート。取材時のテーマは『おいしい珈琲を淹れよう!』。
 同館職員が参加者20人の緊張をほぐすレクリエーションを行ったあと、国分寺台で生豆をオーダー焙煎する専門店『香煎』の店主西本多津子さんが「豆は適度に焙煎された鮮度の良いものを選んでほしい」などコーヒーについて説明した。
 実習では、ペーパードリップを使った経験のある参加者と初心者、西本さんが同じ条件で淹れたコーヒーを飲み比べた。豆は焙煎したてのブラジル、90度前後の軟水のお湯を使用する。3人が細口のポットで慎重にお湯を注ぎコーヒーを抽出すると、参加者は試飲して「スッキリした味」、「わあ、美味しい」などと声を上げる。なかでも、西本さんが淹れたものは「苦味がさわやか」と高い評価。その秘訣は「粉がまんべんなく湿るようにお湯を注ぎ、膨らんだ表面が少しへこむくらいまで蒸らし2投目を注ぐ」、「お湯をしぼりきらない」など。基本を押さえれば雑味のないコーヒーが出るそうだ。
 次は酸味が強いキリマンジャロの深煎りと中煎りの飲み比べ。「酸味や苦味は焙煎度合いで決まるのがわかります」とのこと。深煎りはほとんど酸味がない。「豆の保存は袋のまま密閉袋に入れ、一週間程度なら冷蔵庫、それ以上なら冷凍庫へ」。最後は参加者たちが自らコーヒーを淹れ、「癒される」と至福の時を楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る