異なる花色 ゲンノショウコ

 足もとを見ながら歩かないと花を踏みつぶしそうな草原で秋の野草を探し、白地に青紫の脈が入ったゲンノショウコ(現の証拠)の花が目に入った。
 フウロソウ科フウロソウ属の多年草で高さ30~60センチ。茎の上部、葉柄、花柄、萼に腺毛が混じる。葉は対生、五角状円形、切れ込みの裂片は丸みがあり、花の出る葉は有柄。花の大きさは10~15ミリ、色は白、淡紅、紅紫など多様、長い柄の先に2個つく。同じフウロソウ属タチフウロ(立ち風露)の葉形は丸く、切れ込みの裂片は尖って細長く、花の出る葉は無柄、花色は淡紅紫。長さ10~15ミリの蒴果が開裂した形が神輿の屋根に似ているから別名ミコシグサ。早い所では夏から咲き始める。
 かつては山野、道端とどこでも普通に見られ、下痢止めの民間薬として有名。飲むとすぐに薬効が現れることから「現の証拠」。ところが、葉は有毒植物のキンポウゲ属やトリカブト属に似て「安易な採取は禁物」という代物。毒に侵され苦しんだ後で間違えに気づくところは、野生のきのこ料理と同じ。安易な採取の要因は、民間薬の多くが地上部の茎・葉・花から作られるから。漢方の生薬は多くが根茎から作られる。
 ゲンノショウコの花色には変異があり、東日本には白色の花、西日本には紅紫色が多いと図鑑にある。両方見られるが片方が多いということか、これまでに紅紫地に赤色の脈と白地に紅色の脈の花を見たことがある。多年草なので毎年同じ場所に咲き続ける。古い家の庭や畑の片隅に見つかれば、遠い昔に薬として使われた名残かもしれない。
 市原の自然は豊かで美しい、いつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る