ヒラタケ 光る?光らない?

 ヒラタケは別名・寒茸と言われ、晩秋から早春にかけて見られるキノコです。里山のコナラなど広葉樹の枯れ木に、重なり合うようにしてたくさん生えます。食べられる美味しいキノコなので、出会えると「やった~!」と思います。写真のものは里山のゴミ拾い中に見つけました。神様っているんですね~♪
 傘の色は濃い灰色で表面がつるつるしています。似ている毒キノコはツキヨタケで、そちらは茶色で傘の表面がささくれています。またツキヨタケは二つに割ると柄の付け根近くに黒いシミが見られます。ただし千葉県はブナ林がないためツキヨタケは発生しません。そのためヒラタケは県内では安心して食べられるキノコの一つです。でもどうしても気になるなら、電気を消して光らないかよ?く見てから食べてください。実際に網焼きで食べようとしたら光ったので、ギリギリで命拾いをした人がいます。なんとちょうど停電中だったんですって!
 ヒラタケの栽培品は、写真とは似ても似つかない小型の「信州シメジ」、また「エリンギ」や「霜降りひらたけ」もお仲間…と書けばわかりますよね。ヒラタケは和洋中の料理に何にでも使えるオールラウンドプレイヤーなんです。
 でもやはり栽培物より自然に生えるものの方が格段に美味しいですね。ヒラタケは里山だけでなく公園の枯れ木や街路樹の根元など、身近な場所にも出ることがあります。お散歩ついでに美味しいキノコを探してみるのも楽しいですよ。
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る