ヒラタケ 光る?光らない?

 ヒラタケは別名・寒茸と言われ、晩秋から早春にかけて見られるキノコです。里山のコナラなど広葉樹の枯れ木に、重なり合うようにしてたくさん生えます。食べられる美味しいキノコなので、出会えると「やった~!」と思います。写真のものは里山のゴミ拾い中に見つけました。神様っているんですね~♪
 傘の色は濃い灰色で表面がつるつるしています。似ている毒キノコはツキヨタケで、そちらは茶色で傘の表面がささくれています。またツキヨタケは二つに割ると柄の付け根近くに黒いシミが見られます。ただし千葉県はブナ林がないためツキヨタケは発生しません。そのためヒラタケは県内では安心して食べられるキノコの一つです。でもどうしても気になるなら、電気を消して光らないかよ?く見てから食べてください。実際に網焼きで食べようとしたら光ったので、ギリギリで命拾いをした人がいます。なんとちょうど停電中だったんですって!
 ヒラタケの栽培品は、写真とは似ても似つかない小型の「信州シメジ」、また「エリンギ」や「霜降りひらたけ」もお仲間…と書けばわかりますよね。ヒラタケは和洋中の料理に何にでも使えるオールラウンドプレイヤーなんです。
 でもやはり栽培物より自然に生えるものの方が格段に美味しいですね。ヒラタケは里山だけでなく公園の枯れ木や街路樹の根元など、身近な場所にも出ることがあります。お散歩ついでに美味しいキノコを探してみるのも楽しいですよ。
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る