社会に出て喜びを感じる そんな障がい者支援を目指して

 障がい者の雇用促進等に関する法律にもとづき、事業主は企業規模に応じて一定数以上の障がい者の雇用が義務付けられ、法定雇用率が定められている。この法定雇用率の対象は身体障害から知的障害、精神障害(発達障害を含む)者へと対象範囲が広がり、雇用が拡大している。
 障がい者であるが故に、就労することに自信がもてないから就職しない、もしくは就職しても短期間で退職してしまう例があるが、障がいを乗り越え、継続して就業したいと願う障がい者本人とその家族も多く存在し、そんな彼らを支援する様々な活動が行われている。その活動の一つを障がい者就労移行支援事業所が担当しており、障がい者自身が持っている個々の能力や特性などを把握すると共に、企業が障がい者雇用において抱える問題点や課題などにも目を向けてくれる。就労移行支援事業所は両者への支援を平行して行い、今後その役割が期待されている。

就労移行支援事業所
いろえんぴつ
TEL 0436-26-4377

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る