~梨の里『フルーツ街道をゆく』~

千葉県は土壌、気象条件に恵まれ、梨の栽培面積、収穫量ともに日本一を誇ります。江戸末期に有力だった梨は『淡雪』、明治に入ると『太平』『幸蔵』が台頭、大正は一世を風靡した『長十郎』が頭角を現し、おなじみ『二十世紀』は昭和の覇者でありました。平成は『幸水』『豊水』の隆盛が続いています。そして農業機構の斎藤寿広氏は、受粉をしなくてもよい次世代の品種『なるみ』を開発しています。このように梨は改良が盛んで王者になっても栄華はなかなか続かない厳しい世界なのです。
梨の里『フルーツ街道』廿五里~柏原間沿いは温暖な気候で、4月になれば可憐な梨の花で真っ白に彩られます。そして果実も太陽の光をたっぷり浴びて、どんどん糖度を増しながら育ちます。8月上旬には街道のいたるところ直売店が並び、美味しい梨の販売が行われます。主力品種の『幸水』『豊水』と続き、果実に袋をかけずに栽培されます。『新高』の一部や『二十世紀』は袋をかけます。4月の開花ももうすぐやってきます。可憐な花と甘い果実をとても期待しています。

姉崎写友会 稲毛幸男

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る