いちはらふるさと点描

~梨の里『フルーツ街道をゆく』~

 千葉県は土壌、気象条件に恵まれ、梨の栽培面積、収穫量ともに日本一を誇ります。江戸末期に有力だった梨は『淡雪』、明治に入ると『太平』『幸蔵』が台頭、大正は一世を風靡した『長十郎』が頭角を現し、おなじみ『二十世紀』は昭和の覇者でありました。平成は『幸水』『豊水』の隆盛が続いています。そして農業機構の斎藤寿広氏は、受粉をしなくてもよい次世代の品種『なるみ』を開発しています。このように梨は改良が盛んで王者になっても栄華はなかなか続かない厳しい世界なのです。
 梨の里『フルーツ街道』廿五里~柏原間沿いは温暖な気候で、4月になれば可憐な梨の花で真っ白に彩られます。そして果実も太陽の光をたっぷり浴びて、どんどん糖度を増しながら育ちます。8月上旬には街道のいたるところ直売店が並び、美味しい梨の販売が行われます。主力品種の『幸水』『豊水』と続き、果実に袋をかけずに栽培されます。『新高』の一部や『二十世紀』は袋をかけます。4月の開花ももうすぐやってきます。可憐な花と甘い果実をとても期待しています。

姉崎写友会 稲毛幸男

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…
  2. 現在、歯科保健の分野では、高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないとの研究に基づき、生涯にわたり自分の歯を…
  3. イソヒヨドリ  「ツツ ピーコ、ピィー」と高く澄んだ心地よい美声。かなり前に沖縄で、初めてこの鳴き声を聞いた時、観光案内のバスガイドさんの…
  4.  市原市在住の鈴木國夫さんは昨年、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟による最高の功労賞『きじ章』を受章した。同章は過去の国内贈呈対象者に皇族…
  5. 2015年に初開催された『ミセスアジアシュプリーム』は、アジア各国の輝く女性がマレーシアに集うビューティページェント。年齢を重ねたことで得ら…
  6. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  7.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  8.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  9.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る