『いちはらゴルフ場巡り33』初制覇

齋尾 誠治 さん

 日本一ゴルフ場が多い市原市を『ゴルフの街いちはら』として全国にPRしようと、昨年8月から『いちはらゴルフ場巡り33』(主催市原市、協力市原市ゴルフ場連絡協議会・(一社)市原市観光協会)がスタートした。市内にあるゴルフコース33カ所全てでプレーすると豪華賞品が貰えるスタンプラリー。四国88か所巡りになぞらえて33カ所で満願となるが、5カ所、11カ所、22カ所目でも地元名産品や農産物のプレゼントがある。会員のみ、紹介者が必要というゴルフ場でもこの企画ならプレー可能。スタンプラリーカードは参加ゴルフ場のフロントで配布している。
 1月31日現在の達成者は5カ所1525人、11カ所158人、22カ所2人。2月1日、初めて33コースの達成者を出し、市原市役所観光振興課の黒須紀男さんは「まだ半年、想定より早く達成者がでました」と喜ぶ。
 33コース初制覇を成し遂げたのは市原市ちはら台在住の齋尾誠治さん。「立野クラシックゴルフ倶楽部のコースを上がってきたら、1番初めに達成したとのことで、市役所の方に写真を撮られたり、インタビューをされたりして驚きました」と嬉しそうに語る。スタンプラリーのことを知ったのは昨年7月31日、千葉セントラルゴルフクラブで225名が参加し開かれた市の町会長連合会ゴルフ大会でのこと。小出市長が挨拶で翌日からスタンプラリーが始まると話したからだ。「70歳になる翌年2月4日の誕生日までにやり遂げたいと目標を立て、月平均5、6カ所。多い時には月に8カ所回りました」と異例の速さで成し遂げた。
 本当は1月中に完遂する予定だったが、雪のために延期。2月2日に予約を入れ直したが、再び雪の予報が出たため、前倒しして「2月1日になんとかぎりぎり満願になりました」と笑みを浮かべる。ゴルフ歴40年。
 33コースのうち初めて行ったゴルフ場は2カ所だけ。八幡カントリークラブでのスコアが最高で80、ニュー南総ゴルフ倶楽部でのスコアが強風のため最低で103、平均スコアは91・6だった。「この間、会員になっている市外のコースには行っていません」
 一番大変だったのは仕事やボランティアに駆け回る忙しいなか、「日程を調整し、同伴者を募ったことです」。一人予約でコースを回ったこともあるが、認めていないゴルフ場もあり、齋尾さんが事務局長を務める、地域のゴルフ愛好会『ちはら台マスターズ』のメンバーに協力してもらったそうだ。平成4年創立の同会の会員数は128人。今年3月に浜野ゴルフクラブにて貸し切りで100回記念コンペを開くほど活発に活動している。
 齋尾さんの若い頃のハンディキャップは1ケタ、現役時代に年間100日回ったこともある。「自然の中でのプレーはストレス発散になります。何度回っても毎回風向きや天候に左右され奥が深いです。一人では回れないので、人とのつながりもできます」とゴルフに夢中。飛距離を伸ばすタイプではなくアプローチやパットでスコアを伸ばすそうだ。
 何事も一生懸命やるタイプ。都内の化粧品会社に勤め、市原市ちはら台に住んでおよそ30年。「こんなにゴルフ場が多いとは知りませんでした」。退職後の現在は地元のビルメンテナンス会社の役員、ちはら台地区社会福祉協議会会長を務める。ちはら台出身のプロゴルファー『成田美寿々プロを応援する会』の事務局長でもある。ちなみに成田プロは昨年の国内女子賞金ランキング11位。同会が開催する優勝報告会などでチャリティーオークションを行い、集めた募金で清水谷小学校、ちはら台南中学校に運動用品を寄付している。「ぜひ成田プロを東京オリンピックに送り出したいです」
 22カ所目で得た『八幡屋』の食事券を利用して、家族で誕生日を祝ったばかり。33カ所達成の報告に妻の反応は「あっそう」という淡々としたものだった。「賞品の温泉旅行に連れて行って日ごろのお礼をしたいと思います」と感謝する。でも「仲間にもPRしています」と取り出したのは2枚目のスタンプラリーカード。「70歳になったので今度はゆっくりと回ります」とまだまだやる気。
 市原市ではゴルフ振興のため、ゴルフ未経験の大人や小学生対象の体験会『手ぶらでゴルフ』を開催、市外在住者のふるさと納税の返礼品にゴルフ無料プレー券の用意もしている。今後の『ゴルフの街いちはら』の動きにも注目したい。 

問合せ 市原市観光振興課
TEL 0436・23・9755

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  2. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  3. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…
  4. 2019/4/25

    一からの春
    文と絵 山口高弘 大きい!初めて行ったアメリカの店で、ジュースを頼んだ時の感想です。一九九五年、僕は中学生。市原市の姉妹都市・モビール市…
  5.  3月9日(土)、山武市成東文化会館のぎくプラザで開催された講演会『子どもたちに昔話を』。講師は絵本専門士の中澤由梨子さん。講演では多くの…
  6.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  7.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  8. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  9. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  10.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…

ピックアップ記事

  1.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る