~自然を満喫『市原市農業センター』~

道の駅「あずの里いちはら」に隣接する市原市農業センターは市内農業振興の拠点としての役割がありますが、管理棟、栽培試験施設のほか、一般公開用として展示大温室、ふれあい広場、バーベキュー広場(要予約)、花木園、花き・果樹見本園などがあります。広大な園内には、各種の花木が植えられており、農業者以外の一般の人も無料で利用することが出来ます。天気が良い日には花木を見ながらの散歩、ふれあい広場でのスポーツ、ピクニック、バーベキューなど各人の利用目的に合わせ四季折々に家族や仲間で様々な楽しみ方ができます。
花木としては、2月頃に梅、3月から4月頃にふれあい広場周りや入口付近の桜、管理棟近くのコブシ、4月から5月頃に藤、丹牡、6月頃に花菖蒲など、一年を通して大温室では熱帯植物を見ることができます。
花木以外にも人工池があり、カワセミ、カモ、サギなどの野鳥が時折池に飛んで来ます。カワセミが池に飛び込んで餌を取る瞬間、桜の時期にはメジロ、上空にはタカ科のノスリなどの猛禽類や渡り鳥が大空を飛ぶ様子も見ることができます。

市原市写真連盟
サイクルフォト 増山成男

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る