文と絵 山口高弘

 友人6人で集まる機会があって、昔よりだいぶ太った独身貴族の友人が、熱燗で顔を赤くしながらまだこんなことを言う。「結婚するなら美人がいいな」当然、既婚者たちから一斉射撃です。「何言ってんだ、性格、性格だよ」「どれだけ尊敬し合えるかでしょ?協力と尊重と、親切心だよ」集中砲火は止まりません。「モテたいなら、もっと『シュッ』としたら良いのに」「痩せろってか。分かったよ」「目標立てようぜ」「10㎏痩せてやる」「いつまでに?」「5月の連休…には」結論が出ました。「よし!大型連休にバーベキューで集まろう。その時に10㎏痩せてたら全員からご褒美。失敗でも努力賞で当日の飲み代はおごり」「余裕だよ」独身貴族は強がりました。「来月にだって達成してみせるさ!」
 ああ、自分に矛先が向かなくて良かったと僕は安堵して、鯛の煮付けを口に運びました。最近太り始めた僕は、問い詰められたらこう返していたはずです。「今おごるから『約束』は勘弁してくれ」と。とはいえ、内緒で僕も挑戦してみようと思い立って、スポーツジムに通い始めることにしました。なあに、前に鍛えていたからすぐ痩せる。悪い自信は二十代のまま向かいました。スポーツ選手が着る、筋肉が浮き出るようなトレーニングシャツをわざわざ買って。
 すぐに後悔しました。ジムの鏡に映るおじさんが自分でした。シャツは、筋肉どころか「ぽにょっ」と出たお腹をただ強調するだけ。腕を上げればヘソが出そうだ。まずい、まずいよ。ジムのテレビでは、羽生選手の金メダルのスケートが再放送されていました。俺にはスポーツの栄光時代なんてないけど…自分なりにカムバックしてみようか。最後に羽生選手がバーンと両腕を広げて、テレビがワッ!と湧きました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋1年半、千葉日報紙上で、毎週、父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月イラストやエッセイを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る