4月、野原の木々や草花から、新芽が次々と顔を出しています。3月に種を蒔き育苗した野菜や草花やハーブの苗も、鉢や畑に植え替えする準備が整い、ようやく本格的な春の作業が始まります。野生の蜜蜂の群れの捕獲にも、今年再びチャレンジ。桜の花が咲き終えた頃に分蜂が始まるので、来月には皆様に結果をお知らせする事が出来ると思います。
さて今回は春の野菜・アスパラガスを、ハーブの中でも特に鉄分を多く含むパセリで味付けしてみました。長い冬を土の中で過ごしたアスパラガスは、春の気配に地面の下からひょっこりと顔を出して来ます。レモン&パセリのソース・アスパラガスのバター蒸しで、春の香りを味わってみませんか?

・材料(2人分)
アスパラガス2束、バター 20g、レモン・果汁大さじ2+飾り付け用くし切り数枚、パセリ・みじん切り大さじ4+飾り付け用細かい枝葉数本、オリーブオイル適量、塩コショウ少々、パルメジャーノチーズ・すり下ろし大さじ1+荒く削ったもの数枚

・作り方
①アスパラガスをよく水洗いし、根元の部分が硬ければカットしておく。
②フライパンを中火で熱しオリーブオイル、バターを入れる。
③バターが溶けたらアスパラガスを並べ入れ、軽く塩コショウを振る。
④ ③に水1/2カップほど入れ、蓋をして3分ほど蒸す。
⑤蓋を取り、アスパラガスを皿に盛り付ける。
⑥そのままフライパンを強火で熱し、パセリとレモン果汁を加え、1分程水分を飛ばしてソースを作る。
⑦皿に盛ったアスパラガスに⑥のソースをかけ、飾り付け用のパセリとレモン、パルメジャーノチーズを振りかけ出来上がり。

・パセリ ビタミンC・K・E、 鉄分、カリウムが豊富で生活習慣病の予防、骨や筋肉の強化、貧血予防、またアンチエイジングの効果もあります。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る