ハンドメイド教室の夢を叶えて

 今年3月、国分寺台の自宅で、少人数用のハンドメイドレンタルスペースを開いた高橋由岐美さん(45)。ミシンなどを個人利用したり、高橋さんが講師となって、洋裁指導をしてくれる場所だ。これまで行ってきた出張教室や定期的なイベントへの出店も合わせ、「ハンドメイド教室を開きたい」という夢を叶えている。
 高橋さんが洋裁を教え始めたのは、子どもの幼稚園や小学校で、ママたちに頼まれたことがきっかけ。「作りたいものがあるけれど、どうやれば良いか分からないということでした。今も同じで、出張でも自宅でのスペースでも決まったカリキュラムはなく、初心者の方を作品の完成までサポートする感じです」。和裁師だった祖母の影響で、子どもの頃から手縫いの小物作りなどをし、高校から独学で本格的に洋裁を始めた。結婚し育児の間も続け、15年ほど前からは洋服や布小物などのネット販売も行っていた。ビーズモチーフの講師資格を取ったり、パワーストーンやカラーセラピストなどの資格も持つが、基本は洋裁のためと話す。
 「とにかく洋裁が一番好きで、ミシンは1日何時間でも使えます。服のラインやデザインなど、自分の思っている形を自分で作れるのが魅力ですね」。洋服直し店での店長も経験し、2015年には桂由美ウェルカムベアコスチュームコンテストでコッカ賞を受賞、ブライダル商品化となった。「レースをふんだんに使い、ティアラも手作り。サイズを大きくすれば人用にも作れるデザインにしました」
 明日、更級の夢ホールで10時~16時に開催されるイベント『はんどめいどSAKURASAKU』に出店。主にベビー・キッズの布小物で、可愛いイチゴなどのオリジナルデザインが人気だ。詳しくはウェブで。

問合せ ハンドメイドスペースゆきちゃん家
https://ameblo.jp/reposonlecoeur2013

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…
  2. 現在、歯科保健の分野では、高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないとの研究に基づき、生涯にわたり自分の歯を…
  3. イソヒヨドリ  「ツツ ピーコ、ピィー」と高く澄んだ心地よい美声。かなり前に沖縄で、初めてこの鳴き声を聞いた時、観光案内のバスガイドさんの…
  4.  市原市在住の鈴木國夫さんは昨年、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟による最高の功労賞『きじ章』を受章した。同章は過去の国内贈呈対象者に皇族…
  5. 2015年に初開催された『ミセスアジアシュプリーム』は、アジア各国の輝く女性がマレーシアに集うビューティページェント。年齢を重ねたことで得ら…
  6. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  7.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  8.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  9.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る