ハンドメイド教室の夢を叶えて

 今年3月、国分寺台の自宅で、少人数用のハンドメイドレンタルスペースを開いた高橋由岐美さん(45)。ミシンなどを個人利用したり、高橋さんが講師となって、洋裁指導をしてくれる場所だ。これまで行ってきた出張教室や定期的なイベントへの出店も合わせ、「ハンドメイド教室を開きたい」という夢を叶えている。
 高橋さんが洋裁を教え始めたのは、子どもの幼稚園や小学校で、ママたちに頼まれたことがきっかけ。「作りたいものがあるけれど、どうやれば良いか分からないということでした。今も同じで、出張でも自宅でのスペースでも決まったカリキュラムはなく、初心者の方を作品の完成までサポートする感じです」。和裁師だった祖母の影響で、子どもの頃から手縫いの小物作りなどをし、高校から独学で本格的に洋裁を始めた。結婚し育児の間も続け、15年ほど前からは洋服や布小物などのネット販売も行っていた。ビーズモチーフの講師資格を取ったり、パワーストーンやカラーセラピストなどの資格も持つが、基本は洋裁のためと話す。
 「とにかく洋裁が一番好きで、ミシンは1日何時間でも使えます。服のラインやデザインなど、自分の思っている形を自分で作れるのが魅力ですね」。洋服直し店での店長も経験し、2015年には桂由美ウェルカムベアコスチュームコンテストでコッカ賞を受賞、ブライダル商品化となった。「レースをふんだんに使い、ティアラも手作り。サイズを大きくすれば人用にも作れるデザインにしました」
 明日、更級の夢ホールで10時~16時に開催されるイベント『はんどめいどSAKURASAKU』に出店。主にベビー・キッズの布小物で、可愛いイチゴなどのオリジナルデザインが人気だ。詳しくはウェブで。

問合せ ハンドメイドスペースゆきちゃん家
https://ameblo.jp/reposonlecoeur2013

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る