ハンドメイド教室の夢を叶えて

 今年3月、国分寺台の自宅で、少人数用のハンドメイドレンタルスペースを開いた高橋由岐美さん(45)。ミシンなどを個人利用したり、高橋さんが講師となって、洋裁指導をしてくれる場所だ。これまで行ってきた出張教室や定期的なイベントへの出店も合わせ、「ハンドメイド教室を開きたい」という夢を叶えている。
 高橋さんが洋裁を教え始めたのは、子どもの幼稚園や小学校で、ママたちに頼まれたことがきっかけ。「作りたいものがあるけれど、どうやれば良いか分からないということでした。今も同じで、出張でも自宅でのスペースでも決まったカリキュラムはなく、初心者の方を作品の完成までサポートする感じです」。和裁師だった祖母の影響で、子どもの頃から手縫いの小物作りなどをし、高校から独学で本格的に洋裁を始めた。結婚し育児の間も続け、15年ほど前からは洋服や布小物などのネット販売も行っていた。ビーズモチーフの講師資格を取ったり、パワーストーンやカラーセラピストなどの資格も持つが、基本は洋裁のためと話す。
 「とにかく洋裁が一番好きで、ミシンは1日何時間でも使えます。服のラインやデザインなど、自分の思っている形を自分で作れるのが魅力ですね」。洋服直し店での店長も経験し、2015年には桂由美ウェルカムベアコスチュームコンテストでコッカ賞を受賞、ブライダル商品化となった。「レースをふんだんに使い、ティアラも手作り。サイズを大きくすれば人用にも作れるデザインにしました」
 明日、更級の夢ホールで10時~16時に開催されるイベント『はんどめいどSAKURASAKU』に出店。主にベビー・キッズの布小物で、可愛いイチゴなどのオリジナルデザインが人気だ。詳しくはウェブで。

問合せ ハンドメイドスペースゆきちゃん家
https://ameblo.jp/reposonlecoeur2013

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る