加茂のシイタケ農家から学ぶ

 2月17日、加茂公民館主催事業『キノコを育てる』が開かれた。年間1万本のホダ木を育てる市原市山口のシイタケ園『泰山』の代表根本泰弘さんが講師。
 作業場に集合した受講者23人は、機械による原木の穴あけを見学後、シイタケの植菌作業からはじめた。シイタケの菌糸を培養した駒菌を木槌で原木に植えこむ賑やかな音がするなか、根本さんは原木に適した木の選び方などを気さくに話す。収穫体験はハウスにて。受講者は採り方を学び、笠の大きさや開き具合をよく観察して袋に詰めた。
 体験活動後に根本さんの講義をイノシシ肉の入ったキノコ汁をいただきながら聞いた。「今回の駒菌は順調にいけば1年後の春に発生することもあるが、多くは来年の秋から翌春に出る」とのこと。自宅での原木の管理は「夏場の直射日光を避け、雨の当たる日陰に寝かせる(仮伏せ)」、「6月頃に30度から60度に傾け、風通しを図る(本伏せ)」、「7月頃になり植菌した駒菌が白くなったころ上下を反対にする(天地返し)」など。受講者の質問に根本さんは、「下草は伸びたら刈る」、「日陰がない場合は遮光ネットを活用する」、「冬場は保湿が大切で、乾燥した時には地面に水を撒いて、透明なビニールで覆い湿気を保つ」など丁寧に答えていた。管理が良ければ3年から5年間収穫が見込めるそうだ。
 講座は大好評で、受講者は「自分で育てて食べるのは楽しみ」と植菌した原木とたくさんのシイタケを持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る