加茂のシイタケ農家から学ぶ

 2月17日、加茂公民館主催事業『キノコを育てる』が開かれた。年間1万本のホダ木を育てる市原市山口のシイタケ園『泰山』の代表根本泰弘さんが講師。
 作業場に集合した受講者23人は、機械による原木の穴あけを見学後、シイタケの植菌作業からはじめた。シイタケの菌糸を培養した駒菌を木槌で原木に植えこむ賑やかな音がするなか、根本さんは原木に適した木の選び方などを気さくに話す。収穫体験はハウスにて。受講者は採り方を学び、笠の大きさや開き具合をよく観察して袋に詰めた。
 体験活動後に根本さんの講義をイノシシ肉の入ったキノコ汁をいただきながら聞いた。「今回の駒菌は順調にいけば1年後の春に発生することもあるが、多くは来年の秋から翌春に出る」とのこと。自宅での原木の管理は「夏場の直射日光を避け、雨の当たる日陰に寝かせる(仮伏せ)」、「6月頃に30度から60度に傾け、風通しを図る(本伏せ)」、「7月頃になり植菌した駒菌が白くなったころ上下を反対にする(天地返し)」など。受講者の質問に根本さんは、「下草は伸びたら刈る」、「日陰がない場合は遮光ネットを活用する」、「冬場は保湿が大切で、乾燥した時には地面に水を撒いて、透明なビニールで覆い湿気を保つ」など丁寧に答えていた。管理が良ければ3年から5年間収穫が見込めるそうだ。
 講座は大好評で、受講者は「自分で育てて食べるのは楽しみ」と植菌した原木とたくさんのシイタケを持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  2.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  3.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  4. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  5.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  6. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  7. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…
  8.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  9. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  10. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…

ピックアップ記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る