グラウンド・ゴルフは「面白い」「楽しい」

市原市グラウンド・ゴルフ協会

 グラウンド・ゴルフは昭和57年に子どもから高齢者まで手軽に楽しめるスポーツとして誕生しました。以来、36年が経ち、現在、全国では360万人の愛好者がゲームを楽しんでいます。特徴として、年齢や性別、また、体力、運動能力などの差がプレーに影響しないよう、各ホールの長さや用具を工夫・開発しています。特に1打目がホールポストに入った場合を「ホールインワン」と言い、合計打数から3打を差し引いて計算するルールがあり、他のスポーツには無いルールです。このルールに依って「誰でも勝つチャンスのあるスポーツ」と言われています。
 また、ルールの第一章にエチケットを掲げており、特に「エチケット・マナー」を大切にするスポーツです。当協会では、ルールの精神を活かして「皆で仲良く」「楽しく」「親切に」を大会のモットーとして行っております。年間「市民体育大会」「朝比奈杯市原大会」「市民グラウンド・ゴルフ大会」「市体育協会杯大会」「市長・教育長杯大会」の5大会を開催し、各大会200名を超える参加者がプレーを楽しんでいます。更に、他市町へ日帰りの事業として「会員親睦大会」を実施。ホテルのバスによる送迎もあり、特設のコートでゲームを楽しんだ後、ホテル内で昼食をとり、歌ったり、踊ったりと楽しく親睦を深めています。この事業は平成16年より実施し、本年で14回を数えて、毎年100名程の参加希望があり人気の事業のひとつです。
 市原市グラウンド・ゴルフ協会は平成11年に市民の「健康づくり」「仲間づくり」を目指して設立し、本年で20年を迎え、11月には「創立20周年記念事業」の開催を計画しております。この事業を契機として、当協会の更なる組織や事業の充実を図ると共に、今後は多くの市民がこの「楽しい」「面白い」「健康」に有効なグラウンド・ゴルフを体験し、実践して頂けるよう、応援していきたいと思っております。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る