ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

5月、気温も上がり、太陽の下で畑や庭の手入れをしていると、だいぶ汗ばむ陽気になってきました。小鳥たちの囀りを聴きながらの作業は、心なしか捗る様に思います。虫たちの数も増え、庭や畑も一段と賑やかになってきました。野菜やハーブの苗たちも一層勢いを増して育ってきています。畑の脇に設置しておいたミツバチの巣箱には、数匹の偵察隊がやって来ており、忙しそうに飛び回りながら周りを注意深く観察しています。女王蜂が群れを引き連れて巣箱に住み着いてくれれば嬉しいのですが、こればかりは自然の成り行きに任せるしかありません。ミツバチにとって住む場所を決めるという事は、群れの存亡に関わる重要な事ですから。
さて、今回はそんな春の陽気の中でほんの少し爽やかな気分にさせてくれる、ミントを使ったレシピを考えてみました。

☆ミント風味のチョコレートバター
・材料
無塩バター 100g、ミントの葉 スペアorペパーミント 10枚のみじん切り、ココアパウダー 大さじ2、生クリーム 50㏄、黒砂糖 大さじ2、アーモンドパウダー 大さじ1、シナモンパウダー 小さじ1/2
・作り方
①小さめの鍋にバターを入れ、弱火でゆっくりと溶かす。
② ①の中に生クリーム、ココアパウダー、黒砂糖、シナモン、刻んだミントの葉を入れ、全体が溶けて馴染むまでよくかき混ぜる。
③ ②を瓶の中に注ぎ込み、余熱が取れたら冷蔵庫の中に入れて冷やす。
・ミント ユーラシア大陸原産の多年草、繁殖力が旺盛で零れ種と地下茎によって勢いよく増えていきます。種類も豊富で代表的な物ではスペア、ペッパー、アップル、パイナップルミントなど。食べ過ぎや飲み過ぎで胃の調子が悪い時に胃の働きを整えてくれたり、緊張やストレスを和らげてくれるリラックス効果、安眠効果が期待できます。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る