~ハンノキの林~

市原市内にこんなに素敵な林があったのか!
この林の木はハンノキといい湿地に強く、水に埋もれても生き残ることから、水田の畦に並木状に植えて、稲架かけ(はさ架け)として使ったり、川原の護岸用や砂防用として植林されています。
市内のほぼ中央に位置する米沢の森は、豊かで美しかった里山が人の手が入らないようになってから荒廃が進み枯死状態でした。そこで15年前から米沢の森を考える会(鶴岡会長)が行政や民間の支援を受け、40数名のメンバーが入れ替わりで里山整備に精を出し、約12キロメートルの遊歩道として活用し、ヤマザクラなどの巨樹、古木をシンボルツリーとして保全しました。
米沢の森の南側の低地に「腰巻の池」があり、ここに広がるハンノキの林も、会員の皆様の丹精のおかげで、素晴らしい林に変身したのです。
米沢の森の年間のイベントとして、初日を観る会、かぎろひを観る会、山桜と菜の花の観桜会、昔ながらの米作り、自然観察会、谷津田のメダカすくいとザリガニ釣りなどが行われています。お仲間、家族連れでのハイキングに出かけてはいかがでしょう。

市原市写真連盟 南市原写真クラブ 山内憲章

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る