~ハンノキの林~

市原市内にこんなに素敵な林があったのか!
この林の木はハンノキといい湿地に強く、水に埋もれても生き残ることから、水田の畦に並木状に植えて、稲架かけ(はさ架け)として使ったり、川原の護岸用や砂防用として植林されています。
市内のほぼ中央に位置する米沢の森は、豊かで美しかった里山が人の手が入らないようになってから荒廃が進み枯死状態でした。そこで15年前から米沢の森を考える会(鶴岡会長)が行政や民間の支援を受け、40数名のメンバーが入れ替わりで里山整備に精を出し、約12キロメートルの遊歩道として活用し、ヤマザクラなどの巨樹、古木をシンボルツリーとして保全しました。
米沢の森の南側の低地に「腰巻の池」があり、ここに広がるハンノキの林も、会員の皆様の丹精のおかげで、素晴らしい林に変身したのです。
米沢の森の年間のイベントとして、初日を観る会、かぎろひを観る会、山桜と菜の花の観桜会、昔ながらの米作り、自然観察会、谷津田のメダカすくいとザリガニ釣りなどが行われています。お仲間、家族連れでのハイキングに出かけてはいかがでしょう。

市原市写真連盟 南市原写真クラブ 山内憲章

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る