住民交流の場 活気づくりに

 市内の若宮中央公園で定期開催するフリーマーケットと朝市。フリマは春と秋の年2回、朝市は月1回、多くの買い物客でにぎわう。運営する実行委員会メンバーは、若宮在住の井上さん、品川さん、川村さんの3名。「フリマは今年で18年目、春の開催でちょうど30回でした。当日手伝ってくれる7~8名のスタッフも含め、全員ボランティアで、出店料の収益は全額、震災支援などに寄付しています。毎回協力してくださる出店者さんやお客様などのおかげで、長く続けてこられました」と井上さんは話す。
 もともとは主婦たちのグループが「まだ使えるものを捨てたくない、活かしたい」という気持ちから始めた活動で、井上さんは途中からボランティア参加した。「中心メンバーが辞めて、私たちが引き継いでから18年になります。当時、すでにイベントとして定着していたので、続けたかったんです」。次に井上さんたちが始めたのは朝市。住宅地内のスーパーが閉店したため、少しでも賑やかにできないかと3名で考え、2016年9月からスタートしたという。
 「大変なのはやはり天気ですね。前日大雨だと、心配で眠れなくなることもあります」と川村さん。品川さんは「どちらも常連さんがいて、楽しんでくださっているのが私たちにもやりがいです」と言う。井上さんも「朝市では、毎月ここで会って、おしゃべりする方もいるようです。私たちも頑張りすぎず楽しんで、皆さんの交流の場を続けていけたらと思います」と笑顔で話した。朝市は毎月第2土曜、8時~12時。小雨決行。

問合せ 井上さん
TEL 0436・43・1406

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る