ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

夏の暑い日差しの下、庭や畑での作業は思った以上に体力を奪われます。仕事が休みの日は朝早く、なるべく気温が上がらないうちから作業を始めますが、それでも照りつける陽の光は容赦なく襲ってきます。日中は草花や野菜達が暑さのせいでぐったりしていても、雑草だけは不思議と元気に育っていきます。その土地に自生し長い年月をかけて適応していったからなのか、彼等の生命力にはいつも驚かされます。しかし感心ばかりはしていられません。夏の間はその逞しい雑草達との闘いでもあるのですから。今の時期には2つの楽しみがあります。1つは夏野菜の収穫そのもの。陽の光を十分に浴びた実のなる野菜はこの時期ならでは。2つ目は畑での作業を終え、獲れたてのナスやトマト、ズッキーニなどの野菜を使ってランチに冷たいパスタを作る事。一番のお気に入りは真っ赤に完熟した甘いトマトにバジルの葉を添え、バルサミコ酢とレモンの果汁でドレスしたもの。夏の野菜は身体の熱を冷まし、酢は暑さで疲労した身体を癒してくれます。

・トマトとバジルの冷製パスタ材料(1人分)
パスタ100g 、トマト100g 、バジルの葉 4~5枚、オリーブオイル 大さじ 2~3、バルサミコ酢 大さじ2~3、レモン果汁 小さじ2~3、ニンニク(みじん切り)小さじ 1、塩胡椒 少々、パルメジャーノチーズ 適量 ※バルサミコ酢やレモン果汁はお好みで調整して。
・作り方
①トマトをひとくちサイズに切ったらボウルに入れ、オリーブオイル、バルサミコ酢、レモン果汁、ニンニクを加え軽く混ぜ合わせ冷蔵庫の中で冷やしておく。
②パスタを茹でたら氷水で冷やし水を切る。
③、②を①のボウルの中に入れよく和え、塩コショウを加え味を整える。
④、③を皿に盛り付け、バジルの葉をちぎって乗せる。
⑤パルメジャーノチーズを上から擦り下ろし出来上がり。(チーズは市販の粉チーズではなく、なるべく固形の物を食べる前に擦り下ろした方が風味が広がります)。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る