ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

夏の暑い日差しの下、庭や畑での作業は思った以上に体力を奪われます。仕事が休みの日は朝早く、なるべく気温が上がらないうちから作業を始めますが、それでも照りつける陽の光は容赦なく襲ってきます。日中は草花や野菜達が暑さのせいでぐったりしていても、雑草だけは不思議と元気に育っていきます。その土地に自生し長い年月をかけて適応していったからなのか、彼等の生命力にはいつも驚かされます。しかし感心ばかりはしていられません。夏の間はその逞しい雑草達との闘いでもあるのですから。今の時期には2つの楽しみがあります。1つは夏野菜の収穫そのもの。陽の光を十分に浴びた実のなる野菜はこの時期ならでは。2つ目は畑での作業を終え、獲れたてのナスやトマト、ズッキーニなどの野菜を使ってランチに冷たいパスタを作る事。一番のお気に入りは真っ赤に完熟した甘いトマトにバジルの葉を添え、バルサミコ酢とレモンの果汁でドレスしたもの。夏の野菜は身体の熱を冷まし、酢は暑さで疲労した身体を癒してくれます。

・トマトとバジルの冷製パスタ材料(1人分)
パスタ100g 、トマト100g 、バジルの葉 4~5枚、オリーブオイル 大さじ 2~3、バルサミコ酢 大さじ2~3、レモン果汁 小さじ2~3、ニンニク(みじん切り)小さじ 1、塩胡椒 少々、パルメジャーノチーズ 適量 ※バルサミコ酢やレモン果汁はお好みで調整して。
・作り方
①トマトをひとくちサイズに切ったらボウルに入れ、オリーブオイル、バルサミコ酢、レモン果汁、ニンニクを加え軽く混ぜ合わせ冷蔵庫の中で冷やしておく。
②パスタを茹でたら氷水で冷やし水を切る。
③、②を①のボウルの中に入れよく和え、塩コショウを加え味を整える。
④、③を皿に盛り付け、バジルの葉をちぎって乗せる。
⑤パルメジャーノチーズを上から擦り下ろし出来上がり。(チーズは市販の粉チーズではなく、なるべく固形の物を食べる前に擦り下ろした方が風味が広がります)。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る