めざせメダリスト!

ゼットエー武道場のアーチェリー場は県内でも数少ない貴重な施設である。この施設を拠点として活動しているのが、我ら市原市アーチェリー協会である。当協会は小学生から団塊世代の方まで幅広い世代で構成され、同じ射線上に立ち競技できることが特徴である。
アーチェリーの適齢期は、やってみたいと思った時が、その人にとってのアーチェリーを始める適齢期である。しかしアーチェリーを体験できる施設が極めて少ないのが現状である。そこで当協会では様々な体験教室を開催している。その中で特筆すべき事例をここに紹介する。
小学5年生の夏休みに親子ふれあいアーチェリー教室を体験し、市民アーチェリー教室を経て当協会に入会したのが2017年の11月、翌年4月から当協会のジュニア強化チームに入り、その後1カ月余りで、関東地区小・中学生アーチェリー大会で優勝し、翌月には全日本小・中学生アーチェリー選手権大会で第3位となった小学6年生の女子である。また同様に教室を体験し、当協会のジュニア強化チームより2年連続でナショナル育成チーム入りしている中学2年生の男子もいる。
この子たちに続き2024年・2028年のオリンピックメダリストを目指すジュニアが、さらに育つことを期待している。

(市原市アーチェリー協会 内藤和夫)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る