ふるさとビジター館 オオシロカラカサタケ

オオシロカラカサタケ

 今年の夏は暑かったですね。昔は三十度を超えると話題になったものですが、いまやそんなの当たり前!
温暖化が進むと南の生物が北へ分布を広げてきますが、キノコの世界でもそれは同じ。
もともとは熱帯から亜熱帯に分布するオオシロカラカサタケが、千葉県でも2000年ごろから急に見られるようになりました。
夏から秋にかけて公園や庭などの草地に発生し、特に刈った草を積んだような有機質の多い場所に何本か固まって出ることが多いです。
傘は大きなもので手のひら程にもなり、特徴は胞子が緑色であること。傘が重なり合っている場合、下の傘が緑色に染まります。
傘の裏のひだは若いうちは白、成熟してくると緑色から茶色へと変化します。
傘の表面にはかさぶたのような鱗片がありますが、雨で取れてツルツルしていることもあります。
このキノコは猛毒で、ほんの少量でも下痢・嘔吐といったひどい胃腸症状をもたらします。
昨年は名古屋の公園でバーベキューをしていたグループが手近にあったこのキノコを食べて、男性3名が入院する事故がありました。
知らないキノコは少量でも、遊び半分で口にしないように気を付けたいですね。

(ナチュラリストネット/ 加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る