ふるさとビジター館 オオシロカラカサタケ

オオシロカラカサタケ

 今年の夏は暑かったですね。昔は三十度を超えると話題になったものですが、いまやそんなの当たり前!
温暖化が進むと南の生物が北へ分布を広げてきますが、キノコの世界でもそれは同じ。
もともとは熱帯から亜熱帯に分布するオオシロカラカサタケが、千葉県でも2000年ごろから急に見られるようになりました。
夏から秋にかけて公園や庭などの草地に発生し、特に刈った草を積んだような有機質の多い場所に何本か固まって出ることが多いです。
傘は大きなもので手のひら程にもなり、特徴は胞子が緑色であること。傘が重なり合っている場合、下の傘が緑色に染まります。
傘の裏のひだは若いうちは白、成熟してくると緑色から茶色へと変化します。
傘の表面にはかさぶたのような鱗片がありますが、雨で取れてツルツルしていることもあります。
このキノコは猛毒で、ほんの少量でも下痢・嘔吐といったひどい胃腸症状をもたらします。
昨年は名古屋の公園でバーベキューをしていたグループが手近にあったこのキノコを食べて、男性3名が入院する事故がありました。
知らないキノコは少量でも、遊び半分で口にしないように気を付けたいですね。

(ナチュラリストネット/ 加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る