フラダンスで広がっていく私達の世界

 市原市椎津にある社会福祉法人クローバー会の障害者支援施設 第2クローバー学園では、フラサークル『コニコニ』が今年7月で結成から1年が経過した。同施設支援課長の山田真由美さんは、「メンバーは5名の施設利用者さんです。施設ではパンや野菜づくり、手芸など様々な作業をしていますが、余暇は映画や買い物がほとんどでした。フラサークルを始めて、身体全身で感じる楽しさにみんな夢中です」と笑顔で話す。
 結成当初は昼休みに練習するにしても山田さんの方から声をかけていたというが、今ではメンバーが自発的に音源の準備を済ませてから呼びにきてくれるという。そんな『コニコニ』結成のきっかけは、山田さんがあるイベントに出演していたフラ講師の梶千恵子さんの演技を見たことだった。施設で演技してもらおうと声を掛けたところ、梶さんの夢は「ダウン症など障がいのある方にフラを教える」ことからサークル結成に至った。
 昨年8月の同施設で開催された納涼祭で初めてフラを披露したメンバー達は、12月に市原市主催の芸能祭へ出演し、今年4月には上野フラフェスティバルで観客から大きな拍手を浴びたという。「障がいの度合いによっては、フラのステップや角度が難しいことも聞いています。でも、私は彼らに健常者と同じように厳しく指導しています。間違えてもいいんです。一生懸命やれば、観客にはしっかりと伝わります」と、梶さんは熱く語る。
 メンバーが踊れる曲はまだ1つだが、最近新曲を習い始めた。梶さんが施設を訪れるのは月1回、1時間半の練習をメンバーは心待ちにしている。一人ずつに明るく声を掛けながら、手の位置や目線、足の向きまでしっかりと修正する梶さん。「覚えることは大変だけど、楽しいです!」と満面の笑みを見せるメンバーの女性は、ひときわ大きな声で仲間を引っ張る。
 自分が覚えて踊れれば完成するのがフラではない。周囲の仲間に目を配り、相手を思いやりながら息を合わせて踊るのが真のフラだ。山田さんは練習中何度も笑い声が上がる風景に、「元々、メンバー同士も作業場所が異なるので顔を合わせることがなかったんです。でも同じサークルで活動し、イベントに参加した後に一緒に食事をすることで交流しさらに仲を深めています」と楽しそうだ。
 『コニコニ』は10月8日、東京ドイツ村で開催されるオハナフラフェスティバルに出演予定。「障害者施設は、楽しい演技を見せていただくために人をお呼びすることが多いですが、これからは地域のイベントや老人福祉施設など色んな場所でオファーをもらい出向けるように頑張っていきたいです」と、最後に山田さんは目を輝かせた。『コニコニ』について詳細は問合せを。

問合せ 第2クローバー学園
TEL 0436・60・5115

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る