フラダンスで広がっていく私達の世界

 市原市椎津にある社会福祉法人クローバー会の障害者支援施設 第2クローバー学園では、フラサークル『コニコニ』が今年7月で結成から1年が経過した。同施設支援課長の山田真由美さんは、「メンバーは5名の施設利用者さんです。施設ではパンや野菜づくり、手芸など様々な作業をしていますが、余暇は映画や買い物がほとんどでした。フラサークルを始めて、身体全身で感じる楽しさにみんな夢中です」と笑顔で話す。
 結成当初は昼休みに練習するにしても山田さんの方から声をかけていたというが、今ではメンバーが自発的に音源の準備を済ませてから呼びにきてくれるという。そんな『コニコニ』結成のきっかけは、山田さんがあるイベントに出演していたフラ講師の梶千恵子さんの演技を見たことだった。施設で演技してもらおうと声を掛けたところ、梶さんの夢は「ダウン症など障がいのある方にフラを教える」ことからサークル結成に至った。
 昨年8月の同施設で開催された納涼祭で初めてフラを披露したメンバー達は、12月に市原市主催の芸能祭へ出演し、今年4月には上野フラフェスティバルで観客から大きな拍手を浴びたという。「障がいの度合いによっては、フラのステップや角度が難しいことも聞いています。でも、私は彼らに健常者と同じように厳しく指導しています。間違えてもいいんです。一生懸命やれば、観客にはしっかりと伝わります」と、梶さんは熱く語る。
 メンバーが踊れる曲はまだ1つだが、最近新曲を習い始めた。梶さんが施設を訪れるのは月1回、1時間半の練習をメンバーは心待ちにしている。一人ずつに明るく声を掛けながら、手の位置や目線、足の向きまでしっかりと修正する梶さん。「覚えることは大変だけど、楽しいです!」と満面の笑みを見せるメンバーの女性は、ひときわ大きな声で仲間を引っ張る。
 自分が覚えて踊れれば完成するのがフラではない。周囲の仲間に目を配り、相手を思いやりながら息を合わせて踊るのが真のフラだ。山田さんは練習中何度も笑い声が上がる風景に、「元々、メンバー同士も作業場所が異なるので顔を合わせることがなかったんです。でも同じサークルで活動し、イベントに参加した後に一緒に食事をすることで交流しさらに仲を深めています」と楽しそうだ。
 『コニコニ』は10月8日、東京ドイツ村で開催されるオハナフラフェスティバルに出演予定。「障害者施設は、楽しい演技を見せていただくために人をお呼びすることが多いですが、これからは地域のイベントや老人福祉施設など色んな場所でオファーをもらい出向けるように頑張っていきたいです」と、最後に山田さんは目を輝かせた。『コニコニ』について詳細は問合せを。

問合せ 第2クローバー学園
TEL 0436・60・5115

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る