取材にご協力していただける『ヘルプマーク』を利用している方を募集しています

 市原市では昨年12月から、ストラップ型ヘルプマークの配布(無料)をしています。ヘルプマークとは、外見では伝わりにくい内臓疾患や難病患者、義足や人工関節を使用している方、妊娠初期の方など、外見からは支援を必要としていることが分かりにくい方が援助を得やすくなるように作成されたマークです。
 また、ヘルプカードという災害時や日常生活の中で困ったときなどに周囲に支援を求めるためのカードもあります。周囲に知られたくないことは無理に記載せず、周囲の方に伝えたいことを記載して使用します。
 ストラップ型ヘルプマークの使用方法は、ストラップを利用してかばん等につけて使用します。必要に応じてつけたり見せることも可能です。また、マーク裏面に付属のシールを貼ることができ、ヘルプマークの利用者が周囲に伝えたい情報や、必要とする支援内容等を記入することができます。ストラップで支援が必要なことに気付いてもらい、次に住所や緊急連絡先、必要な支援内容等を詳細に記入することができるヘルプカードと併せて利用することもできます。
 配布場所は、障がい者支援課や高齢者支援課(市庁舎2階)、市原市福祉会館、保健センターほか数カ所。一人に付き、カード1枚、ストラップ1個となっており、8月下旬の時点で、1300個の配布がされたとのことです。
 市民の皆様に、より一層このヘルプマークの認知を広め、理解を深めてほしいと考え、実際に配布を受けた方にインタビューをさせていただき、記事として紙面に掲載したいと思います。取材を受けていただける方を募集しますので、ご応募お待ちしております。
 宛先は『シティライフ・ヘルプマーク係』まで。メールかファックスで。※取材をお願いする方には、こちらから電話連絡しますので、必ず電話番号を書いてください。
FAX 0436・21・9142
メール uchida@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る