季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

柿が豊かに実る頃、近所を散歩しているだけで私は理想郷に入り込んだような気分になる。風景を彩るものは様々な木や草花、変哲のない田畑や山河である。桃が実っているならば正にそこは桃源郷だ。そのように、私の散歩は平和そのもの、いつも桃源郷を旅しているようなものだ▼盆景も人間の理想とする風景や風物を象った造形物だ。私たちはそれを鑑賞することで美や憧れや慰めを得るのである。それを裏返せば理想と現実には、かなりのへだたりがあるということの証明ともなる▼たしかに現実社会はあらゆる面で理想的とは言い難い。桃源郷など夢の夢だ。しかし誰もその夢を否定できない。おだやかな心ひとつで少しはこの世が良くなるかも知れないのだから。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る