祝!市原市で初の国指定天然記念物

 昨年からチバニアンという言葉で一挙に有名となりご存知の方も多いだろう『養老川流域田淵の地磁気逆転地層』。約77万年前の地磁気逆転現象の証拠が残る地層を地質時代の国際標準摸式層断面およびポイントに認定されるよう、現在、国内の研究グループが国際地質科学連合の専門部会に向けて申請中だ。
 そんな中に飛び込んだニュース!市原市教育委員会は10月15日付で、この場所が『国指定天然記念物』として正式に指定されたことを発表したのだ。小出譲治市長は、「学術的な価値が極めて高いと評価されたもので、大変誇らしく嬉しいです。この貴重な地層一帯の保存活用を図るため、対象地の公有化を進めるとともに、地質学等の有識者や地元の方の意見を取り入れながら、見学環境整備を行っていきます」とコメントした。
 昨年11月から本年9月までに同場所を訪れた見学者は、およそ4万4千人。今後は更なる見学者の増加が見込まれるため、臨時駐車場や仮設トイレで補っていた部分の環境設備を整える予定。また、案内板や遊歩道、ガイダンス施設の設置を検討中だ。さらに現地で見学者を案内できるようにと地元の有志が立ち上がり、ボランティアガイドとして説明に必要な講習会をスタートさせている。また有識者の意見を踏まえ、ダメージのない範囲で剥ぎ取った地層一部を展示することも検討している。詳細は問合せを。

問合せ 市原市役所ふるさと文化課
TEL 0436-23-9853

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る