祝!市原市で初の国指定天然記念物

 昨年からチバニアンという言葉で一挙に有名となりご存知の方も多いだろう『養老川流域田淵の地磁気逆転地層』。約77万年前の地磁気逆転現象の証拠が残る地層を地質時代の国際標準摸式層断面およびポイントに認定されるよう、現在、国内の研究グループが国際地質科学連合の専門部会に向けて申請中だ。
 そんな中に飛び込んだニュース!市原市教育委員会は10月15日付で、この場所が『国指定天然記念物』として正式に指定されたことを発表したのだ。小出譲治市長は、「学術的な価値が極めて高いと評価されたもので、大変誇らしく嬉しいです。この貴重な地層一帯の保存活用を図るため、対象地の公有化を進めるとともに、地質学等の有識者や地元の方の意見を取り入れながら、見学環境整備を行っていきます」とコメントした。
 昨年11月から本年9月までに同場所を訪れた見学者は、およそ4万4千人。今後は更なる見学者の増加が見込まれるため、臨時駐車場や仮設トイレで補っていた部分の環境設備を整える予定。また、案内板や遊歩道、ガイダンス施設の設置を検討中だ。さらに現地で見学者を案内できるようにと地元の有志が立ち上がり、ボランティアガイドとして説明に必要な講習会をスタートさせている。また有識者の意見を踏まえ、ダメージのない範囲で剥ぎ取った地層一部を展示することも検討している。詳細は問合せを。

問合せ 市原市役所ふるさと文化課
TEL 0436-23-9853

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る