子どもの墓の記憶を頼りに

 市原市青柳台の光明寺の裏手には、かつて子どものみを弔った墓がある。住宅街から小道に入り、小さく拓けたその場所に並んだ墓標は100以上。如意輪観音など仏の顔や文字がきちんと残っているものばかりとは限らない。砂で作られた墓石は小さく、そして風雨に長年さらされたことで大きく溶けたものまである。  「昔、子どもは宮参りをする7歳までは神様からの授かりの子、すなわち神の子とされていました。そして子どものためだけの共同墓地があったんです。13から15歳で初産をし、35歳くらいまでに5人くらいの産むことが多かった女性。それだけ疫病などで命を落とす確率が高かったんですね」と話すのは、市原市北青柳在住の小倉澄夫さん。   出羽三山や富士山における山岳信仰についての歴史に詳しく、千葉県立中央博物館でボランティアガイドを務めることもある。檀家である小倉さんに、寺の住職から子どもの墓について調査の依頼が入ったものの、「調べることは大変困難」だという。江戸時代の頃から使われていたであろう、青柳台の子どもの墓。
 しかし、墓標の文字から詳細を読み取ることは難しい。「昭和30年代に、子どもの墓に関して歴史研究家の谷島一馬先生が調査をされていました。成田の方にもあったようですが、やはり詳細は不明のまま。昭和40年代まで西青柳にも存在していたようですが、区画整理で新道ができたために、現在は所在不明となりました」と小倉さん。
 青柳台の子どもの墓は、千葉県内でも唯一残っている場所だとか。生まれも育ちも北青柳の小倉さんは、子どもの墓に最後に入った女児と同世代だった。「昭和28年8月でした。海で溺れたという女児の葬儀に参列したのは初めてで、先生の指示で小さなお墓に手を合わせて焼香しました」というが、当時は篠竹に囲まれた場所で多くの盛り土があったとか。今でもお参りする人はおり、墓標の前には小さな白い花が供えられているものも。
 また、子どもの墓に多く見られる如意輪観音は、隣町の西青柳にある寺でも19体保管されている。「如意輪観音は女性と表象されることが多く、これは大多喜城下より北上して伝わった熊野信仰の影響もあるそうです。熊野信仰は念仏を唱えて、血の池地獄に落とされる女性を救済しようとするもの。子安講と同じように十九夜講が行われてきました」と、小倉さんは続ける。
 満月から4日後の19日の月は少し傾き、如意輪観音に似ているという。昨年は北青柳地区で、12年に一度の酉年に行う19度参りの巡礼をした。参加地区は減少しており、かつての風習は廃れつつあることも否めない。しかし、同じ地域にいくつもの信仰が残ることも、市原市が他方からの人や風習を受け入れやすい体質だったといってもいいかもしれない。
 「青柳辺りの川辺には、江戸時代には五大力船もやってきたんです。子どもの墓を含め、何かをして欲しいわけではありません。こんなものが地元にあるんだということを、少しでも知ってもらえたらと思います」と、最後に小倉さんは語った。

問合せ 小倉さん
TEL 090・4434・3938

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る