子どもの墓の記憶を頼りに

 市原市青柳台の光明寺の裏手には、かつて子どものみを弔った墓がある。住宅街から小道に入り、小さく拓けたその場所に並んだ墓標は100以上。如意輪観音など仏の顔や文字がきちんと残っているものばかりとは限らない。砂で作られた墓石は小さく、そして風雨に長年さらされたことで大きく溶けたものまである。  「昔、子どもは宮参りをする7歳までは神様からの授かりの子、すなわち神の子とされていました。そして子どものためだけの共同墓地があったんです。13から15歳で初産をし、35歳くらいまでに5人くらいの産むことが多かった女性。それだけ疫病などで命を落とす確率が高かったんですね」と話すのは、市原市北青柳在住の小倉澄夫さん。   出羽三山や富士山における山岳信仰についての歴史に詳しく、千葉県立中央博物館でボランティアガイドを務めることもある。檀家である小倉さんに、寺の住職から子どもの墓について調査の依頼が入ったものの、「調べることは大変困難」だという。江戸時代の頃から使われていたであろう、青柳台の子どもの墓。
 しかし、墓標の文字から詳細を読み取ることは難しい。「昭和30年代に、子どもの墓に関して歴史研究家の谷島一馬先生が調査をされていました。成田の方にもあったようですが、やはり詳細は不明のまま。昭和40年代まで西青柳にも存在していたようですが、区画整理で新道ができたために、現在は所在不明となりました」と小倉さん。
 青柳台の子どもの墓は、千葉県内でも唯一残っている場所だとか。生まれも育ちも北青柳の小倉さんは、子どもの墓に最後に入った女児と同世代だった。「昭和28年8月でした。海で溺れたという女児の葬儀に参列したのは初めてで、先生の指示で小さなお墓に手を合わせて焼香しました」というが、当時は篠竹に囲まれた場所で多くの盛り土があったとか。今でもお参りする人はおり、墓標の前には小さな白い花が供えられているものも。
 また、子どもの墓に多く見られる如意輪観音は、隣町の西青柳にある寺でも19体保管されている。「如意輪観音は女性と表象されることが多く、これは大多喜城下より北上して伝わった熊野信仰の影響もあるそうです。熊野信仰は念仏を唱えて、血の池地獄に落とされる女性を救済しようとするもの。子安講と同じように十九夜講が行われてきました」と、小倉さんは続ける。
 満月から4日後の19日の月は少し傾き、如意輪観音に似ているという。昨年は北青柳地区で、12年に一度の酉年に行う19度参りの巡礼をした。参加地区は減少しており、かつての風習は廃れつつあることも否めない。しかし、同じ地域にいくつもの信仰が残ることも、市原市が他方からの人や風習を受け入れやすい体質だったといってもいいかもしれない。
 「青柳辺りの川辺には、江戸時代には五大力船もやってきたんです。子どもの墓を含め、何かをして欲しいわけではありません。こんなものが地元にあるんだということを、少しでも知ってもらえたらと思います」と、最後に小倉さんは語った。

問合せ 小倉さん
TEL 090・4434・3938

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る