ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

多くの植物達は冬の間、長い眠りにつきます。春の訪れと共に、一斉に葉や花を咲かせるために栄養を蓄えながら暖かくなるのをじっと待っているのです。我々人間は彼等が休んでいる間、快適に育ってもらうための環境づくりをしなければなりません。植物にとって土作りは最も大切な作業の1つ。落ち葉を集め発酵をさせて自然の有機肥料を作ります。それから農機具のこびりついた土を落とし緩んだネジをしっかりと締め、来年の作業に備えておきます。そして一年を通しての計画を立てておくことも大切な仕事のひとつ。今年はどんな野菜やハーブ作りにチャレンジしてみようか。新しいやり方を試してみようかなどと頭の中で色々想像していると自然と胸が踊ります。さて、今回は去年の暮れに収穫したレモンと秋に採取した蜂蜜を使ってレモンパウンドケーキを作ってみました。レモンの爽やかな風味がお口の中に広がっていきます。

・材料
(200×90㎜の型2本分)薄力粉300g、バター 150g、卵 4個、グラニュー糖 180g、ベーキングパウダー 小さじ3、蜂蜜 大さじ3、国産レモン 2個、生姜(摩り下ろし)10g、ラム酒 大さじ2

・作り方
①レモンを半分に切り果汁絞り器で絞った後、皮を摩り下ろしておく。(種は取り除く)
②薄力粉とベーキングパウダーを振るいにかける。
③室温に戻しておいたバターを大きめのボウルに入れ、ハンドミキサーでクリーム状にする。
④、③にかき混ぜながらグラニュー糖を少しずつ混ぜていく。
⑤今度は④に卵、蜂蜜、生姜、ラム酒、レモン果汁と摩り下ろしたレモンの皮をかき混ぜながら少しずつ混ぜていく。⑤に②の粉類を一気に入れ、ゴムべらで切るようにざっくりと混ぜる。
⑥、⑤をケーキ型に流し込み180℃に熱したオーブンで50分程焼く。
⑦焼きあがったら余熱を取り冷蔵庫で冷やす。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る