アートいちはらで世界のアートを体験

 今年のアートいちはら2018秋の開催期間中、11月23日(祝)25日(日)にかけて市原湖畔美術館ではイベント『ポルトガル・デイ』が行われた。同美術館の豊福宏光さんは、「日本人にとってポルトガルは日常的には馴染みのない国かもしれません。今回はポルトガル大使館のご協力をいただき、ポルトガルタイルのコースターやペンダントの絵付け体験のほか、23日にはポルトガル民俗歌謡のファドを聞きながら夕陽を見る体験も開催し盛況でした」と話す。
 絵付け体験の講師は都内でポルトガルタイル工房アル・アンダルスを主宰する廣井ひとみさん。「ポルトガルではアスレージョ(タイル)は教会、宮殿や駅などにも使われ、ポルトガル建築の重要な部分となっています。またポルトガルは古い建築を大切にする文化があり、古いタイルがとけ込んだ町並みは素敵です」と、魅力を語る。
 まず参加者は、タイルにトレーシングペーパーをのせて炭で下絵を写す。次にタイルに写った下絵を基に顔料で自由に色をつけていく。都内から来場した女性はペンダント作りに参加。「とても簡単にできて楽しかったです。卵やハートの柄を入れました。完成を心待ちにしています」と満足そうに話した。体験後、作品は窯に入れて焼成された後、参加者達に郵送される予定。食、音楽、美術と様々な方向からポルトガルに触れる機会になったのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る