伝統ある市原市の剣道 関東・全国で活躍
市原市剣道連盟

 市原市剣道連盟は、1月の初稽古会を皮切りに、年間を通して稽古会を開催しています。月曜日(中学生)、木曜日(小学生・一般)を対象とし、また、市民体育大会や少年剣道錬成会などの試合を運営、会員の親睦と技術向上を目指しています。毎年1月に開催している全国規模の更級旗全国中学校剣道大会では、全国各地から多くの中学生剣士が市原に集い、剣を交えた交流を深めています。本連盟には、小学生中心の道場が11団体、中学校15団体、高校4団体、一般6団体があり、範士八段の高段位の先生方を始めとした約600名の剣士が加盟しております。全盛期の平成4・5年の頃より団体数、会員数は減少しているのが現状です。
 昭和28年、戦後の剣道が解禁される中、いち早く千葉県で稽古が始められたのが市原市の八幡でした。伝統ある市原市の剣道は、小学生では五徳館を始めとした道場の活躍がめざましく、千葉県内の大会で数多く優勝、関東・全国で活躍しました。その門下生達は、全日本剣道選手権大会に出場するなどの活躍を続けています。中学校においても、五井中を中心とした各校が活躍し、平成元年から14年まで連続14年間関東大会へ市原市の代表が途切れなかったことは、県内においても希なことです。一般でも市原出身の選手が大勢活躍、平成14年には小関太郎選手(南総中出身)が全日本剣道選手権大会で3位に入賞しています。また、平成27年の千葉県地区連盟対抗剣道優勝大会(団体戦・一般の部)で優勝、昨年は千葉県民体育大会において4位に入賞しており、数々の活躍は、歴代の連盟会長や理事役員の努力と、各道場や学校関係者の指導者の方々の献身的な指導のおかげです。
 剣道は、国際社会で誇れる日本文化です。小さい頃から、剣道を通じてその技術だけでなく、日本古来の伝統や作法を身につけていけば、その精神は、様々な場所で応用ができます。幸い市原市は剣道のできる環境が整っています。皆さんも是非、剣道を初めてみませんか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る