【市原市】私が被災者に!?その時、できることを身につけて

 11月10日(土)、有秋地区社会福祉協議会と有秋東小学校区・有秋西小学校区・有秋南小学校区福祉ネットワークの共催で『避難所運営訓練(自助の個別訓練)』が行われた。防災対策に詳しいNPO法人 ゆかいな仲間たち理事長の白尾克伸さんは講義で、「東日本大震災の時、有秋地区で本当に強く揺れたのは10秒ほど。そこを生き延びれば、助かる確率はぐんと上がります。家の耐震化や家具の固定など、今動くことが、未来を変えるチャンスです」と訴えた。
 近年、大きな地震だけでなく台風や豪雨の災害も増加している。会場となった有秋公民館では今年、避難所が3回開設された。「例年行っている『災害に備えて』の講座。川の氾濫や急斜面でのがけ崩れなどの恐れから、避難所で身を守ることは必要です。参加者に知識を教えるだけでなく、隣同士の顔を知るコミュニケーションの場になれば幸いです。社会福祉協議会のネットワーク強化にも努めています」と話すのは、有秋地区社会福祉協議会会長の宮本民男さん。
 災害の被害によっては、避難所で困難な生活を強いられるよりも、できる限り自宅の備蓄品で生き延び、復旧に備える方が正しい場合もある。「いかに自分で身を守れるかをテーマに、今回は日常生活にも役立つロープワークを中心に、ペットボトルやレジ袋の活用法も取り入れました」と、白尾さん。
 ロープの簡単にはほどけない巻き結びや、引っ張られても締め付けられず呼吸ができるというもやい結びを、参加者たちは忘れないように携帯のカメラで撮影しながら、何度も繰り返し練習していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る