【市原市】私が被災者に!?その時、できることを身につけて

 11月10日(土)、有秋地区社会福祉協議会と有秋東小学校区・有秋西小学校区・有秋南小学校区福祉ネットワークの共催で『避難所運営訓練(自助の個別訓練)』が行われた。防災対策に詳しいNPO法人 ゆかいな仲間たち理事長の白尾克伸さんは講義で、「東日本大震災の時、有秋地区で本当に強く揺れたのは10秒ほど。そこを生き延びれば、助かる確率はぐんと上がります。家の耐震化や家具の固定など、今動くことが、未来を変えるチャンスです」と訴えた。
 近年、大きな地震だけでなく台風や豪雨の災害も増加している。会場となった有秋公民館では今年、避難所が3回開設された。「例年行っている『災害に備えて』の講座。川の氾濫や急斜面でのがけ崩れなどの恐れから、避難所で身を守ることは必要です。参加者に知識を教えるだけでなく、隣同士の顔を知るコミュニケーションの場になれば幸いです。社会福祉協議会のネットワーク強化にも努めています」と話すのは、有秋地区社会福祉協議会会長の宮本民男さん。
 災害の被害によっては、避難所で困難な生活を強いられるよりも、できる限り自宅の備蓄品で生き延び、復旧に備える方が正しい場合もある。「いかに自分で身を守れるかをテーマに、今回は日常生活にも役立つロープワークを中心に、ペットボトルやレジ袋の活用法も取り入れました」と、白尾さん。
 ロープの簡単にはほどけない巻き結びや、引っ張られても締め付けられず呼吸ができるというもやい結びを、参加者たちは忘れないように携帯のカメラで撮影しながら、何度も繰り返し練習していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る