【市原市】私が被災者に!?その時、できることを身につけて

 11月10日(土)、有秋地区社会福祉協議会と有秋東小学校区・有秋西小学校区・有秋南小学校区福祉ネットワークの共催で『避難所運営訓練(自助の個別訓練)』が行われた。防災対策に詳しいNPO法人 ゆかいな仲間たち理事長の白尾克伸さんは講義で、「東日本大震災の時、有秋地区で本当に強く揺れたのは10秒ほど。そこを生き延びれば、助かる確率はぐんと上がります。家の耐震化や家具の固定など、今動くことが、未来を変えるチャンスです」と訴えた。
 近年、大きな地震だけでなく台風や豪雨の災害も増加している。会場となった有秋公民館では今年、避難所が3回開設された。「例年行っている『災害に備えて』の講座。川の氾濫や急斜面でのがけ崩れなどの恐れから、避難所で身を守ることは必要です。参加者に知識を教えるだけでなく、隣同士の顔を知るコミュニケーションの場になれば幸いです。社会福祉協議会のネットワーク強化にも努めています」と話すのは、有秋地区社会福祉協議会会長の宮本民男さん。
 災害の被害によっては、避難所で困難な生活を強いられるよりも、できる限り自宅の備蓄品で生き延び、復旧に備える方が正しい場合もある。「いかに自分で身を守れるかをテーマに、今回は日常生活にも役立つロープワークを中心に、ペットボトルやレジ袋の活用法も取り入れました」と、白尾さん。
 ロープの簡単にはほどけない巻き結びや、引っ張られても締め付けられず呼吸ができるというもやい結びを、参加者たちは忘れないように携帯のカメラで撮影しながら、何度も繰り返し練習していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る