こでまりの夢 ~見立て遊びは想像力を育てる~

~見立て遊びは想像力を育てる~

 1歳を過ぎた頃から、赤ちゃんは絵本でリンゴを見たら食べる真似をしたり、ままごとのコップで飲むふりをしたりして、物からイメージができるようになります。
 2歳頃になると、積み木を耳に当てて、電話のつもりで話したりしますね。このように、何かを他のものに見立てて遊ぶことを『見立て遊び』といいます。見立て遊びは次第に、ごっこ遊びや劇遊び等に発展していきます。実際には目の前にはないものを想像しながら遊ぶので想像力が育つといわれています。
 私が子どもの頃は、石や葉っぱ等を使っておままごとをして遊んでいました。我が子たちもチラシを剣に見立てて遊ぶのが好きでした。今になって思うと、それこそが見立て遊びだったのですね。
 大人になっても『見立て』は大切です。なければ何かで補う、代用する、工夫するという思考力・想像力・応用力が必要です。その基礎が育つのは、幼児期からの見立て遊びなのではないかと思います。それにはまず、見立てができる素材や玩具等を子どもに与えることが大切です。例えば、洗濯バサミはお料理の材料にも、髪飾りにもなります。チラシや新聞紙、空き箱、布、積み木等も様々なものに代用して遊ぶことが出来ます。
 大切なのは、「この遊びをするならこのおもちゃを使わなければならない」という考え方をするのではなく、様々な物を見立て、遊びに取り入れてあげることでしょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る