こでまりの夢 ~見立て遊びは想像力を育てる~

~見立て遊びは想像力を育てる~

 1歳を過ぎた頃から、赤ちゃんは絵本でリンゴを見たら食べる真似をしたり、ままごとのコップで飲むふりをしたりして、物からイメージができるようになります。
 2歳頃になると、積み木を耳に当てて、電話のつもりで話したりしますね。このように、何かを他のものに見立てて遊ぶことを『見立て遊び』といいます。見立て遊びは次第に、ごっこ遊びや劇遊び等に発展していきます。実際には目の前にはないものを想像しながら遊ぶので想像力が育つといわれています。
 私が子どもの頃は、石や葉っぱ等を使っておままごとをして遊んでいました。我が子たちもチラシを剣に見立てて遊ぶのが好きでした。今になって思うと、それこそが見立て遊びだったのですね。
 大人になっても『見立て』は大切です。なければ何かで補う、代用する、工夫するという思考力・想像力・応用力が必要です。その基礎が育つのは、幼児期からの見立て遊びなのではないかと思います。それにはまず、見立てができる素材や玩具等を子どもに与えることが大切です。例えば、洗濯バサミはお料理の材料にも、髪飾りにもなります。チラシや新聞紙、空き箱、布、積み木等も様々なものに代用して遊ぶことが出来ます。
 大切なのは、「この遊びをするならこのおもちゃを使わなければならない」という考え方をするのではなく、様々な物を見立て、遊びに取り入れてあげることでしょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る