【市原市】好きな形で自由自在!コマを回そう

 1月19日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された『変形ゴマを作ろう』講座。8人の参加者はコマ作りに入る前、まちのせんせいこと森眞一さんが出すコマに関する問題に一緒に考えるところからスタート。「コマと一言にいっても種類はたくさんあります。ひねりゴマやもみゴマ、紐ゴマ。上から息を吹きかけると回る吹きゴマなんてものもあります。縦に長い物と平べったいもの、どちらがよく回ると思いますか?」と、森さん。「問題を解いていくうちに、軸が重心の位置ならどんな形でも回るのだとよく分かりました」と、参加者が気づいたところで、ついにコマ作りに着手!
 真っ白な厚紙に大きく描くコマのデザインはどんな絵でもOK。人参を咥えて草原を走るウサギや可愛い顔のペンギン、ゾウなど動物を描く人から、スヌーピーのキャラクター、カラフルな幾何学模様まで色んな形のコマが作られた。マジックで色を塗り、重心をしっかりと見つけてネジを通した参加者たちは、完成するとすぐに床の上で回転するかチェック。「形を工夫してまた作りたいです」、「子どもの頃に返ったように楽しかったです。孫が遊びに来たら試したいです」、「コマの作り方がよく分かりました。今度は自由研究の参考にしたいです」など、参加者達の声。
 昔はお正月の遊びとして代表的だったコマ。オリジナルの変形ゴマで一年中、家族で楽しんでみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る