【市原市】好きな形で自由自在!コマを回そう

 1月19日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された『変形ゴマを作ろう』講座。8人の参加者はコマ作りに入る前、まちのせんせいこと森眞一さんが出すコマに関する問題に一緒に考えるところからスタート。「コマと一言にいっても種類はたくさんあります。ひねりゴマやもみゴマ、紐ゴマ。上から息を吹きかけると回る吹きゴマなんてものもあります。縦に長い物と平べったいもの、どちらがよく回ると思いますか?」と、森さん。「問題を解いていくうちに、軸が重心の位置ならどんな形でも回るのだとよく分かりました」と、参加者が気づいたところで、ついにコマ作りに着手!
 真っ白な厚紙に大きく描くコマのデザインはどんな絵でもOK。人参を咥えて草原を走るウサギや可愛い顔のペンギン、ゾウなど動物を描く人から、スヌーピーのキャラクター、カラフルな幾何学模様まで色んな形のコマが作られた。マジックで色を塗り、重心をしっかりと見つけてネジを通した参加者たちは、完成するとすぐに床の上で回転するかチェック。「形を工夫してまた作りたいです」、「子どもの頃に返ったように楽しかったです。孫が遊びに来たら試したいです」、「コマの作り方がよく分かりました。今度は自由研究の参考にしたいです」など、参加者達の声。
 昔はお正月の遊びとして代表的だったコマ。オリジナルの変形ゴマで一年中、家族で楽しんでみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る