【市原市】シティライフの歩み- 平成の30年を振り返って(3)

シティライフの歩み平成の30年を振り返って
―よりよい地域をめざして―

連載3回目となった「シティライフ・平成の30年」。1982年の創刊以来、「よりよい地域をめざして」をテーマに発行してきたシティライフで、この30年間にどんな記事が取り上げられたのかを振り返っていきます。 今回は平成16年から20年をピックアップ。

●平成16年(2004年)

平成15年に引き続き、年間テーマは「まちづくり」。まちの公園の整備や活用方法、神社や廃校・町会でのお祭りなどの交流、里山の手入れ、福祉施設などでのボランティアによる人々へのケアなど、地域に密着した活動を取材しました。 市原版、外房版ともに読者投稿が増えたのもこの年の特徴。外房版では1月31日号から、最終土曜日号を東金版・長生版・夷隅版の3紙同時発行に、その他の毎週土曜日は山武郡(一部)・長生郡・夷隅郡(一部)・緑区(一部)を配布エリアとした外房中央版に変更。

●平成17年(2005年)

年間テーマは3年目となった「まちづくり」。地域住民の有志で行う子育て支援や障がい者支援、集落や団地内での住民交流、各活動団体の情報をまとめたサイトの立ち上げなど、前年に続き、地元のために少人数でも活躍する熱意ある人たちを取材。

●平成18年(2006年)

3月から第2・第4土曜日に千葉南エリア版(千葉市緑区・中央区の一部、市原市ちはら台・瀬又地区)の発行がスタート。4月からはシティライフ五井オフィス(市原市五井)で、市民団体やNPO、サークルなどの市民活動を支援する「シティライフ・コミュニティ・カフェ」をオープンし、団体の紹介や体験プログラムを約1年半実施、紙面にも連載。 市原版・外房版の年間テーマは「家族」となり、4世代同居や子どもの多い大家族、夫婦二人三脚で行う自給自足や趣味の世界、障がいを持つ子どもやアルツハイマーの親との同居、シニア婚夫妻、プロを目指す子どもを支える家族と、様々な状況の家庭を訪問。それぞれの苦労や喜びを取材しました。

●平成19年(2007年)

創刊25年を迎えたシティライフの年間テーマは「この人を応援したい!」アマチュアやプロの世界で頑張るアスリートやミュージシャン、個人の手作り無農薬野菜生産販売、若い警察官や女性技術者、助産師、女性運転士など、地元を拠点にして、夢や希望に向かって頑張る人たちを取材。千葉ロッテマリーンズの応援記事連載もスタート。

●平成20年(2008年)

年間テーマは、日々の暮らし方、人生観などにスポットを当てた「LIFE」。マクロビオティック料理研究家、エコな田舎暮らしをする作家、脱サラし東京から引っ越して就農した家族、自然食品の菓子づくりを仕事にした主婦、アイヌ文化を紹介する夫妻など、経歴やライフスタイルも様々な人たちを紹介しました。10月からは、袖ケ浦・木更津・君津・富津エリアにかずさ版の発行がスタート。2009年12月まで、期間限定月1回発行しました。

●新しいライフスタイル

インターネットの普及が進んだ平成は、個人の情報発信が簡単にできるようになりました。地方からその土地の魅力を伝え、地域の作家やアーティストが作品を発表し、個人同士のネットワークが新しい活動やライフスタイルを生み出して、この時期にはすでに社会に大きな変化をもたらしています。シティライフでも、地域にいながら活動を広げている人たちが多く登場しました。 次回は平成30年までを振り返ります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る