【市原市】シティライフの歩み- 平成の30年を振り返って(3)

シティライフの歩み平成の30年を振り返って
―よりよい地域をめざして―

連載3回目となった「シティライフ・平成の30年」。1982年の創刊以来、「よりよい地域をめざして」をテーマに発行してきたシティライフで、この30年間にどんな記事が取り上げられたのかを振り返っていきます。 今回は平成16年から20年をピックアップ。

●平成16年(2004年)

平成15年に引き続き、年間テーマは「まちづくり」。まちの公園の整備や活用方法、神社や廃校・町会でのお祭りなどの交流、里山の手入れ、福祉施設などでのボランティアによる人々へのケアなど、地域に密着した活動を取材しました。 市原版、外房版ともに読者投稿が増えたのもこの年の特徴。外房版では1月31日号から、最終土曜日号を東金版・長生版・夷隅版の3紙同時発行に、その他の毎週土曜日は山武郡(一部)・長生郡・夷隅郡(一部)・緑区(一部)を配布エリアとした外房中央版に変更。

●平成17年(2005年)

年間テーマは3年目となった「まちづくり」。地域住民の有志で行う子育て支援や障がい者支援、集落や団地内での住民交流、各活動団体の情報をまとめたサイトの立ち上げなど、前年に続き、地元のために少人数でも活躍する熱意ある人たちを取材。

●平成18年(2006年)

3月から第2・第4土曜日に千葉南エリア版(千葉市緑区・中央区の一部、市原市ちはら台・瀬又地区)の発行がスタート。4月からはシティライフ五井オフィス(市原市五井)で、市民団体やNPO、サークルなどの市民活動を支援する「シティライフ・コミュニティ・カフェ」をオープンし、団体の紹介や体験プログラムを約1年半実施、紙面にも連載。 市原版・外房版の年間テーマは「家族」となり、4世代同居や子どもの多い大家族、夫婦二人三脚で行う自給自足や趣味の世界、障がいを持つ子どもやアルツハイマーの親との同居、シニア婚夫妻、プロを目指す子どもを支える家族と、様々な状況の家庭を訪問。それぞれの苦労や喜びを取材しました。

●平成19年(2007年)

創刊25年を迎えたシティライフの年間テーマは「この人を応援したい!」アマチュアやプロの世界で頑張るアスリートやミュージシャン、個人の手作り無農薬野菜生産販売、若い警察官や女性技術者、助産師、女性運転士など、地元を拠点にして、夢や希望に向かって頑張る人たちを取材。千葉ロッテマリーンズの応援記事連載もスタート。

●平成20年(2008年)

年間テーマは、日々の暮らし方、人生観などにスポットを当てた「LIFE」。マクロビオティック料理研究家、エコな田舎暮らしをする作家、脱サラし東京から引っ越して就農した家族、自然食品の菓子づくりを仕事にした主婦、アイヌ文化を紹介する夫妻など、経歴やライフスタイルも様々な人たちを紹介しました。10月からは、袖ケ浦・木更津・君津・富津エリアにかずさ版の発行がスタート。2009年12月まで、期間限定月1回発行しました。

●新しいライフスタイル

インターネットの普及が進んだ平成は、個人の情報発信が簡単にできるようになりました。地方からその土地の魅力を伝え、地域の作家やアーティストが作品を発表し、個人同士のネットワークが新しい活動やライフスタイルを生み出して、この時期にはすでに社会に大きな変化をもたらしています。シティライフでも、地域にいながら活動を広げている人たちが多く登場しました。 次回は平成30年までを振り返ります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る