【市原市】シティライフの歩み- 平成の30年を振り返って(3)

シティライフの歩み平成の30年を振り返って
―よりよい地域をめざして―

連載3回目となった「シティライフ・平成の30年」。1982年の創刊以来、「よりよい地域をめざして」をテーマに発行してきたシティライフで、この30年間にどんな記事が取り上げられたのかを振り返っていきます。 今回は平成16年から20年をピックアップ。

●平成16年(2004年)

平成15年に引き続き、年間テーマは「まちづくり」。まちの公園の整備や活用方法、神社や廃校・町会でのお祭りなどの交流、里山の手入れ、福祉施設などでのボランティアによる人々へのケアなど、地域に密着した活動を取材しました。 市原版、外房版ともに読者投稿が増えたのもこの年の特徴。外房版では1月31日号から、最終土曜日号を東金版・長生版・夷隅版の3紙同時発行に、その他の毎週土曜日は山武郡(一部)・長生郡・夷隅郡(一部)・緑区(一部)を配布エリアとした外房中央版に変更。

●平成17年(2005年)

年間テーマは3年目となった「まちづくり」。地域住民の有志で行う子育て支援や障がい者支援、集落や団地内での住民交流、各活動団体の情報をまとめたサイトの立ち上げなど、前年に続き、地元のために少人数でも活躍する熱意ある人たちを取材。

●平成18年(2006年)

3月から第2・第4土曜日に千葉南エリア版(千葉市緑区・中央区の一部、市原市ちはら台・瀬又地区)の発行がスタート。4月からはシティライフ五井オフィス(市原市五井)で、市民団体やNPO、サークルなどの市民活動を支援する「シティライフ・コミュニティ・カフェ」をオープンし、団体の紹介や体験プログラムを約1年半実施、紙面にも連載。 市原版・外房版の年間テーマは「家族」となり、4世代同居や子どもの多い大家族、夫婦二人三脚で行う自給自足や趣味の世界、障がいを持つ子どもやアルツハイマーの親との同居、シニア婚夫妻、プロを目指す子どもを支える家族と、様々な状況の家庭を訪問。それぞれの苦労や喜びを取材しました。

●平成19年(2007年)

創刊25年を迎えたシティライフの年間テーマは「この人を応援したい!」アマチュアやプロの世界で頑張るアスリートやミュージシャン、個人の手作り無農薬野菜生産販売、若い警察官や女性技術者、助産師、女性運転士など、地元を拠点にして、夢や希望に向かって頑張る人たちを取材。千葉ロッテマリーンズの応援記事連載もスタート。

●平成20年(2008年)

年間テーマは、日々の暮らし方、人生観などにスポットを当てた「LIFE」。マクロビオティック料理研究家、エコな田舎暮らしをする作家、脱サラし東京から引っ越して就農した家族、自然食品の菓子づくりを仕事にした主婦、アイヌ文化を紹介する夫妻など、経歴やライフスタイルも様々な人たちを紹介しました。10月からは、袖ケ浦・木更津・君津・富津エリアにかずさ版の発行がスタート。2009年12月まで、期間限定月1回発行しました。

●新しいライフスタイル

インターネットの普及が進んだ平成は、個人の情報発信が簡単にできるようになりました。地方からその土地の魅力を伝え、地域の作家やアーティストが作品を発表し、個人同士のネットワークが新しい活動やライフスタイルを生み出して、この時期にはすでに社会に大きな変化をもたらしています。シティライフでも、地域にいながら活動を広げている人たちが多く登場しました。 次回は平成30年までを振り返ります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る