【市原市】みんなで楽しいひなまつり

 毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象に年10回、こいのぼりや七夕、ミニ運動会、クリスマスなど季節の行事を織り込みながら、親子が楽しめる内容で構成されている。3月3日のひなまつりを目前に控えた2月25日(月)、『おひなさま作り』が行われ、市内から親子約40名が参加した。 五井地区社会福祉協議会で子育て支援部会長の小倉政江さんが、「指の体操をしましょう!」と子ども達に明るく呼びかける。1歳未満から3歳までと年齢も様々の子ども達だが、小倉さんの声と指体操の動きに興味津々で近付いて行く。「では、お母さんたちが和紙を折り、お子さんたちは真似してみましょう」と続ける小倉さんの言葉でおひなさま作りがスタート。折り紙の大きさでできた広告の裏紙を、母親の真似をして折る子。背中に寄りかかりながら、母親の手元を覗き込む子。綺麗な柄の和紙に夢中な子。みんなが元気いっぱい!
 スタッフが常に周囲の泣いている子に「どうしたの?」と呼びかける姿は、安心感で満たされた光景。「今日が4回目の参加です。楽しかったです」と話す母子。3歳の娘さんは、「ここをボンドで止めるのを忘れちゃった」と呟きながらも、大事そうに作品を握りしめていた。
 また、市原市ネウボラセンターから参加した保健師3名より『冬の感染症対策』や『食育』について、クイズを交えながら紹介するコーナーも。『キラキラ星』のメロディにのせた手洗い歌で、しっかり風邪を予防してひなまつりを楽しめたかな!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る