【体協通信】元気よく楽しい生活のために

市原市レクリエーション協会

本協会はレクリエーションを通し、市民の健康増進と余暇活動の向上に寄与することを目的として、年にいくつかの主催行事や依頼行事で公民館や学校などに出前をし、レクリエーション活動を行っています。主な主催行事は「養老川リバーサイドウオーク」「市民デイキャンプ」「市レクセミナー」「スポレクまつり」「門前市ウオーク」など。依頼行事や協力行事は「公民館行事」「児童クラブ」「ワンデーマーチ」「ファミリーハイキング」「市民相撲教室」「市民体育祭」などです。各行事にたくさんの方々に参加していただき喜んでいただいています。
リバーサイドウオークは、五井駅から養老川沿いに牛久駅まで約25キロと、光風台駅までの15キロの2つのコースで、桜や梨の花を見ながらゆったり歩き一日を過ごします。今年は4月6日に実施しました。デイキャンプは、農業センターバーベキュー広場で実施。ニュースポーツやゲームをした後、バーベキューに舌鼓をうって楽しい一日を過ごします。今年はゴールデンウイークの最終日で、100名募集と人数に限りがあるため、申し込みの問い合わせがあってもお断りするほど盛況でした。
レクセミナーは、どこでもだれでも活用できるレクリエーション支援と技術の向上を目標に、通いの場・居場所作りに役立つ講座や体験を通し、楽しいひと時を過ごします。今年は6月8日青少年会館で実施です。スポレクまつりは、親子や小学生を中心としたニュースポーツの体験やゲームです。また、ちびっ子相撲も同時進行で多くの参加者が汗を流し楽しんでいます。今年は9月16日に実施します。門前市ウオークは、姉崎門前市の会場集合で姉崎小・有秋西小・有秋東小・青葉台小の各学区をウオーキングする3時間コースです。
元気よく、明るく生活できるためにもレクリエーションを役に立たせたいと思います。市原市民にレクリエーション活動をさらに振興普及し余暇活動の充実に向け、レクリエーションの楽しさを一人でも多くの皆さんに理解してもらえるよう今後も努力していくつもりです。今後もよろしくお願いします。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る