すべり込んだ夏

文と絵 山口高弘

 雨模様の休日、草野球の試合に選手で誘われました。野球未経験者なのに…でも僕は喜びました。日々の筋トレで体つきが少し変わったタイミング。成果を出すチャンスです。一歳の息子と妻に謝って、家を出ました。「パパ、ホームラン打ってくるって」妻が子を抱いて言いました。まだ言葉を話せない息子はキョトンとしていました。
 小雨の朝、試合開始。さっそく味方がたくさん点を取って僕の打席が来ました。さて、いっちょう柵の向こうまで飛ばそうか。大学の頃ソフトボール大会で活躍した記憶が蘇りました。やってやる、ブーン。「ストライク、バッターアウト!」空振り三振。ベンチの味方から笑い声が飛びました。「山口さん、当たれば飛ぶよぉ!当たればね!」
 次も三振、その次もゴロで凡退…おかしい。バッティングセンターと全然違う。そのうちチームは追いつかれて延長戦に入り、得点が必要な場面で僕に回りました。今こそ絶対に塁に出ないと。「ふんっ」打ち返しましたがショートゴロでした。「走れ!」味方の声に押されて全力で走って…間に合わない、諦めるか…と思った瞬間に、なぜか一塁に足からすべり込んでいました。「アウト!」駄目だった。左足が地面に巻き込まれて曲がっていました、痛い。歩けない。チームは、皆の活躍で何とか勝ちました。
 …腫れた左足とレントゲン写真を見てお医者さんが言いました。「足首の靭帯が3本とも損傷しています」ああ、なぜあの時すべり込んだんだ。頭と体が別々に動いた。色んな人に迷惑をかける日々の始まりでした。
 松葉杖で帰宅しました。ピョコピョコ痛がって歩く僕を、息子だけが笑ってくれました。『イダ、イダイ、アイタイ!ハハハハ!』息子が、初めて真似した言葉でした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る