私のひとり言 相川浩 蓮の花

 今年の梅雨は例年になく長く、雨も多かった。各地で大雨による被害等目にするたび、今住むこの地域の有り難さを感じている。
  7月も中頃の梅雨明けの朝、庭の蓮が見事に咲いてくれた。鉢植えながらも、十年以上前から家内が丹精し育てているもので、私はいつも花が咲くと、「花が呼んでいるんだよ」と大きな顔をして一番最初に花に近づく。家内は「花の咲く頃やってくる昆虫みたい」と笑っている。その日も開花をいち早く察した私は、「開いたぞー」と一言。今年は雨が多かったせいか、いつもより葉も花も背丈が高く、背伸びしても花を見ることが出来ない。脚立に上りやっと同じ目線で蓮華を拝む事が出来た。
 私の声に誘われ庭先に出てきた家族みんなも暫し感動、シャッターを切る。私は覚えたばかりの「蓮華の五徳」を語った。(1)淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく:泥の中でも綺麗な花を咲かせる)、(2)一茎一花の徳(いっけいいっかのとく:一つの茎に一つの花が咲く)、(3)花果同時の徳(かかどうじのとく:花が咲くと同時に種ができる ※実際には同時に種はできないが、昔の人にとってそれだけ蓮の花は神秘的だったらしい)、(4)一花多果の徳(いっかたかのとく:一つの花にたくさんの種ができる)、(5)中虚外直の徳(ちゅうこげちょくのとく:茎の中は空洞で、それが一直線に太陽に向かって伸びる)。「蓮華は凄いね」とみんなで頷き、微笑む。
 毎年、蓮の鉢は春先に植え替えを行なう。余剰蓮根もあるので、知人に株分けするが、「花を見ることが出来ました」と嬉しい言葉を頂くたびに家内は「良かったねー」と笑顔で答える。ただ、寂しいことがひとつある。それは最初の頃、植えたもののなかに、見たことの無い花弁の多い八重花があったこと。家内が咲かせたのだが、花が終わった後の管理が悪かったせいか、今は見ることが出来ない。スマホの写真も眺めつつ、この時期は家内と蓮の花の美しさに見入っている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る